VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット

AHS VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット

AHS VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット

23,687円(02/23 19:13時点)
Amazonの情報を掲載しています
VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット|ダウンロード版

VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット|ダウンロード版

22,591円(02/23 19:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

コロナ以来、授業のスライドにナレーションを入れて動画にすることが増えた。対面授業ができなくなったり、教員自身が療養することになったときに、ナレーション入りの講義スライドを配布しておけば、授業を中断せずに済む。

ナレーションには自分の声を使うことが多いだろうが、録音のための環境整備が大変なこともある。そのようなとき、スライドのナレーションに、音声合成ソフトを利用できる。

利点は:

  1. スタジオや録音機材がなくても制作できる(普通の部屋では、雑音や残響が入りがち)
  2. 声質がいつでも同じ(人の声だとその日の調子に左右される)
  3. セリフの改変に対応しやすい(人の声だと音声の切り貼りが大変)

欠点は:

  1. 不自然な話し方になりがちで、聞き取りにくい
  2. 平版な話し方になりがちで、聞き飽きる
  3. 専門用語を読み間違えがち

最近の音声合成では、これらの欠点は改善されてきている。

AIを取り入れて、ホンモノの人のような話し方が可能だ。また、イントネーション、アクセント、間の取り方、喜怒哀楽の感情を調整できるソフトもある。ユーザー辞書に対応していて、専門用語を読み間違えないようにできるソフトもある。

無料あるいは低額で使えるものとしては、次がある:

 

プラットフォーム アクセントやイントネーションの調整 間合いの調整 感情表現 ユーザー辞書 無料 有料 URL
voicepeak 商用可能6ナレーターセット Windows / Mac / Linux 機能限定の試用版 ¥29,800 https://www.ah-soft.com/voice/narrator/
VOICEVOX Windows / Mac / Linux フルセット https://voicevox.hiroshiba.jp/
音読さん Web 不可 不可 200,000字/月 ¥1,980/月〜 https://ondoku3.com/ja/
VoiceText Web API API 不可 不可 不可 二次利用不可 ReadSpeaker https://cloud.voicetext.jp/webapi
CoeFont Web 数種類の声/1作品 ¥500/月〜 https://coefont.cloud/
Text to Speech Mac 不可 不可 不可 不可 macOSの機能 https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mh35738/machttps://ondoku3.com/ja/

 

  • 音声の品質とソフトの使いやすさで、voicepeakが好ましい。声がナレーション向き。商用利用可能なのもよい。
  • VOICEBOXも声の品質がよいが、アプリの使いやすさでは改善の余地がある。また、声がどれもアニメっぽいので用途が限られる。
  • 音読さんは、イントネーションやアクセントがしばしば変になって聞き取りにくい。
  • VoiceText Web API は、ターミナルでコマンドを打って使う。フロントエンドのアプリを作って使うとよい。「モヤさま」のナレーションにこの声のうちの「SHOW」が使われている。利用登録が必要。
  • CoeFontは、声の種類の多いことが特徴。声の品質はvoicepeak、VOICEBOX、VoiceTextに及ばない。
  • Text to Speachは手軽に使えるが、日本語の読み間違いが多い。英語の声の品質は高い。

 

ここでは、voicepeakとVOICEBOXを試す。

音声合成をこれから使ってみようというなら、まず無料のVOICEBOXを試し、次にvoicepeakの試用版を試すのがよさそうだ。VOICEBOXで十分ならそのまま、不足ならvoicepeak。評者の場合は後者になった。

 

voicepeak

voicepeakは有料のソフトで、パソコンにインストールして使う。試用版をまず試して、自分の環境で動作チェックしてから購入しよう。

ダウロード版とパッケージ版がある。パッケージ版にはインストールDVDとシリアルナンバーが付いている。インストーラーはダウンロードすることもできるので、パソコンにDVDドライブがなくても大丈夫。

インストールとライセンス認証のときにインターネット接続が必要になるが、アプリの使用自体はオフラインでもよい。

VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット には、ナレーション向きの声が男女各々3種類と、女児のアニメ声1種類が付属している。その他、有料オプションの声もあり、全15種類になる。

声の品質が高い。商用利用可能で、教材として配信することも許諾されている。

医学用語などの専門用語は読み間違うことが多い。読み間違うときには、ユーザー辞書に登録する。読みだけでなくイントネーションも定義できる。ユーザー辞書のインポートやエクスポートができる。

辞書のインポート/エクスポートによって、辞書のバックアップが可能だ。かな漢字変換辞書を流用できるかもしれない。エクスポートすると次のようなテキストで、拡張子が「.vdc」のファイルができる(「胸鎖乳突筋」が登録されている):

[
{
"sur": "\u80f8\u9396\u4e73\u7a81\u7b4b",
"pron": "\u30ad\u30e7\u30a6\u30b5\u30cb\u30e5\u30a6\u30c8\u30c4\u30ad\u30f3",
"pos": "Japanese_Futsuu_meishi",
"priority": 5,
"accentType": 1,
"lang": "ja"
}
]

日本語がUnicodeエスケープシーケンスになっている。

オンラインマニュアル

 

 

 

グレイ解剖学 原著第4版』から、胸部の冒頭を音声にした。読み間違う部分はユーザー辞書で直してある。間合いを長めにし、感情を調節して元気な声にした。

 

 

VOICEBOX

VOICEBOXは、無料ながら、付属する声が多い。声の品質や機能もvoicepeakに並ぶ。

ただし、ソフトの使いやすさに改善の余地がある。特に、ユーザー辞書機能。新しい単語を登録しても、セリフを一旦削除してから打ち込み直さないと、それが反映されない。また、インポートやエクスポートができない。

 

 

 

上と同様に、『グレイ解剖学 原著第4版』から、胸部の冒頭を音声にした。ところどころ読み間違っている。ユーザー辞書に登録したが、すぐには反映されない。どうやっても反映されない部分もあり、あきらめた。