DICOMビューア

CT、MRIなどの医用画像はDICOMという規格のファイル。それらを見るにはDICOMに対応したソフトが必要。パソコン用で無料で使えるソフトは以下の通り:

  1. Horos(macOS)
  2. RadiAnt(Windows)
  3. Onis (Windows)
  4. OsiriXオザイリクス(macOS)

推奨はHorosだがWindows版はない。

群馬大のAiセンターに入っているのは診療向けの商用。

  1. Synapse Vincent(Windows)

Horos

OsiriXからのスピンオフ。オープンソース。フルスペックの2Dと3D。macOS High Sierraで動作し、GPUも使える。

RadiAnt

Windows用。2D、3Dとも基本機能を備えたビューア。

Onis Free Edition

商用版の無料お試し版。バージョン2.4のほうが機能制限が少ない。

OsiriX

かつてオープンソースだったが今は有料。3Dの機能が強力。お試し用の無料のLITE版があるが、機能制限がキツすぎて、授業でも不足する。

Synapse Vincent

3D機能が強力。顔認識AIと同じ技術で区域気管支や肝区域を自動認識するなど、自動化機能が診療をサポート。「比較的」安価。

認証について

DICOMビューアを実際の診療に使うには、次の2つの条件が必要。

  • DICOM適合性:DICOM規格を製品がみたしていること。DICOM適合性宣言書をメーカーが呈示している。
  • 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法)による認証を受けていること。

 

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email