神経解剖学の教科書を検討する

神経解剖学の教科書を検討してみる。力点がどこにあるか見極めた方がよいようだ。

  • A地点からB地点に線維が投射して…という形態論
  • 神経生理学や神経科学のメカ論
  • ピュアなサイエンスを極めるか、臨床で実用になる話か
  • 授業でカバーできる薄さかどうか

図も重要。立体感を掴みやすいかどうかがポイント。

授業は担当してないので、成績につながるかどうかは関知しない。

最近の表紙にはtractographyがよくつかわれている。生きたヒトからMRIで伝導路の情報が得られるのだから、クラシックな形態論には衝撃だったのだろう。

筆者は神経内科医。役立つし、読んで面白いけど厚い。神経解剖学書のうち、Amazon.comで最もよく売れてる レビュー

サイエンティフィックな子細はバッサリ削がれて、臨床で実用になるのに必要十分な内容。そこそこ薄い。散文詩のような美しい英語。日本語だったらいいのに レビュー

3Dな図がきれいで、立体感を掴みやすい レビュー

講義ノートの書籍化。薄さに惹かれて買うと、文字が詰まっているのに打ち負かされるかも。立体感のわかる図が少ない

本学指定だけど、文章が哲学的。日本語版には日本語の電子書籍付き レビュー

伝統的な構成に臨床のフレーバーが少し。図が平板で立体感がなく、構造を掴みにくい

ハードコアな解剖学・神経科学。神経プロ用 レビュー

(未確認)

読んで勉強する教科書というよりは、知りたいことを図で探すアトラスと思った方がよさそう。断面の写真とCTやMRIが並んだ図、病変のCTやMRI、神経伝導のダイアグラムなど、図がたくさん。脳の白地図がすこしあって、教科書指定されたらダイアグラムを暗記することになるのだろう

USMLE対策用。訳者注記がたくさんあるけど、いいような煩わしいような

半世紀以上前のテキストだが、だがまだカタログに載っているのはなぜだろう。この時代は、ただひたすら線維の接続が記述されているただの形態学だった

更新履歴

  • 2017/11/28 改定を反映
  • 2014/8/12 最初の投稿

アイキャッチ画像の出典:Wikipedia

Print Friendly, PDF & Email