イラストレイテッドカラーテキスト 神経解剖学 原著第5版

2014年刊“Neuroanatomy: an Illustrated Colour Text 5E”の日本語版。表紙は拡散テンソル画像をもとに描かれたイラスト。神経解剖学者にはよほどインパクトがあったのか、神経解剖学書の表紙の流行りだ。

前版は2008年の『神経解剖カラーテキスト 第2版』(医学書院)で、原著第3版の翻訳だったから、原著第4版をスキップした9年ぶりの改訂になる。

また、この版から日本語版にも電子書籍が付属するようになった。(原著は第3版にも電子書籍が付いていた。)

神経解剖学や神経科学は、隅々まで記載しようとすればキリがない。専門家向けのテキストならそれでよいが、初めて学ぶ学生には大変だ。また、どの大学の医学部でも、神経解剖学に割り当てられた日数は、そういうテキストをカバーするには足らない。

医学部向けには、神経解剖学と神経科学、さらに臨床のトピックをじょうずにまとめた教科書が求められる。本書のターゲットはそこにある。分量は少なめで、価格も他の医学書に比べると安い。

序文から:エッセンスを簡潔・直裁に

電子書籍が付属する

本書には日本語版と英語原著の2つの電子書籍が付いてくる。日本語版はeLibraryで提供されていて、紙面のままのPDF。英語版はStudent Consultで提供されていて、本文の他に練習問題と脳MRI画像が付録で付いている。いずれも図の品質がよく、iPadできれいに表示される。文字も読みやすい。

電子版が提供されている日本語の神経解剖学のテキストは、他にはM2PLUSの『神経解剖学講義ノート』くらいかもしれない。

日本語版はeLibraryで、紙面のまま表示される。マーカーを引いたり、メモを打ち込んだりできる。手書きの書き込みはできない

英語版には練習問題が付属

脳MRI画像が付属

原著第3版からの改変

原著第5版では、図の多くが描き直された。原著第3版の稚拙な描写がなくなり、情報量が増えて、わかりやすさが改善された。

文章も大半が更新され、誤りが正された。たとえば、多発性硬化症が自己免疫疾患であると断定的に説明されていたのが、控えめな表現に改められた。(いまだ有力な説の一つでしかない。)

原著第3版の図から:輪ゴムのような楕円形が何をあらわしているのか、説明もなく描写も稚拙で見当も付かなかったが…

上と相当する原著第5版の図:楕円が骨格筋をあらわしていることが分かった。各部の名称が増えてオリエンテーションがわかりやすくなった

説明は難しい

臨床にいってからも役立つように工夫がある。第1章には神経学的診察法がまとめられている。また、伝導路などの説明では、障害が生じたときにどういう所見になるか、イラストで表現されている。症状を視覚的に理解できる。便利そうだ。

神経症状が視覚的にまとめられている

ただし、わかりやすさという点では、他書にゆずる点はあるようだ。皮質脊髄路と辺縁系とで、方向性の異なるテキストと比べてみよう。豊富な症例が特徴の『ブルーメンフェルト』と、神経科学までスコープが広げられている『臨床神経解剖学』を用意した。

皮質脊髄路

本書『イラストレイテッドカラーテキスト 神経解剖学』は他の多くのテキストと同じく、横断図を重ね、曲線でつないで伝導路を表現している。一つの図には一つの伝導路が描かれる。伝統的な表現方法だ。原著第3版の図では伝導路の色分けにポリシーがなくバラバラで見づらかったが、原著第5版では上行路は寒色、下行路は暖色に揃えられた。

『イラストレイテッドカラーテキスト神経解剖学』の皮質脊髄路

ブルーメンフェルト』も同様で、色分けも揃っている。横断の描き込みはより細かく写実的。落ち着いた色調が眼に好ましい。

『カラー神経解剖学』の伝導路の図

これらに対して、『臨床神経解剖学』はより立体的で、経路のボリュームもわかる。経路の量的関係(例えば外側皮質脊髄路と前皮質脊髄路)が一目でわかる。

『臨床神経解剖学』の伝導路の図

辺縁系

辺縁系は関係する部位や投射が多く、整理して説明するのが難しいところだ。脳内の立体的な形状も捉えにくい。

『イラストレイテッドカラーテキスト 神経解剖学』は、その意図に反して説明文に難解なところがある。観念的形而上的レトリックに目がくらみ、難解に思われる。序文に宣言された本書の「直截に記述する」が実現されているとはいえない。

言葉使いが独特で、簡単なことを難しくいうわりに、ちゃんと定義されてないことがある。たとえば、辺縁系の説明で飛び出した「感覚モダリティ」とは何だろう? 電子版を使って全文検索すると、だいぶ前の方で「感覚の種類」と括弧書きで注釈されているのがみつかる。「種類」を敢えて「モダリティ」と表現した意図はわからなかった。「空間視覚」は「空間知覚」のタイプミスのようだ。だとしても、「単純化」の前の「ホメオスタシス」からどうつながっているのか?

「単純化していうならば」の後もわかりにくい。「感覚モダリティ」? 「空間視覚」?

ブルーメンフェルト』では機能を先に4つ挙げ、それぞれの担当部位ごとに話が進む。ただし図が少なめだ。辺縁系が脳の中でどういう形をしているか、脳の表面からみた図しかなくて捉えにくい。

『カラー神経解剖学』の辺縁系

臨床神経解剖学』は、辺縁系を構成する要素と形から説明が始まる。図が立体的で透視図もあるので、形を捉えやすい。形態の説明に続いて神経科学的な機能や仕組みまで説明が続く。

『臨床神経解剖学』の辺縁系(ページをまたぐので、その1)

『臨床神経解剖学』の辺縁系(その2)