ペンライトを買う

医療用のペンライトというのがあって、いくつか条件がある。

  • 明るすぎない
  • 高演色性(色が正確に見える)
  • 配光が均一でシャープ
  • 片手でオンオフできる

ペンライトは病院ではつぎの用途で使う:

OSCEの評価項目から:

瞼裂・瞳孔/対光反射 □ ペンライトを見せながら、光で眼を照らすことを患者さんに告げる。 □ 患者さんの視線の外(そと)側からペンライトを移動させ、瞳孔に光を当てる。 □ 光を当てた側の瞳孔(直接対光反射)と反対側の瞳孔(間接対光反射)の収縮を観察する。□ 必ず両側を検査する。

口唇・口腔・咽頭 □ ペンライトを適切に使用する。観察部位に的確に光を当て、口腔内に入れたり口唇に触れたりしないようにする。

病院に転がっているのを借りられるかもしれないが、電池切れだったり、故障していたりで使えないかもしれない(*)。自分用に用意して、白衣のポケットに入れておこう。ペンライトが必要な場面には、ミッションクリティカルなのが少なくないからだ。

*ちなみに、病院では多色ボールペンがあっても黒インクが切れてることが多いし、聴診器は知らない人のイニシャルが入っているか、キタナイか、血圧計用

一般用のペンライトは光源がLEDになっていて、小さくても明るいことをセールスポイントにしてある。しかし、これで被験者の瞳に光を当てると、明るすぎて被験者を眩しがらせてしまう。また、青みがかった光を放つのが多い。口腔などの診察では実際より血色がわるく見えてしまい、判断を過つ。医療用のペンライトには電球や、LEDでも電球色や昼光色のが使われている。

光源がハロゲン球の場合、赤みのある電球色の光で、生体の観察に向く。ただし、電池が減ると暗く、より赤く光が変化するので、条件が一定しない。LEDは電源に左右されないのでよい。

配光も重要で、縁がハッキリしているほうが、ペンライトを振って瞳に光を当てたり外したりがやりやすい。

片手でスイッチを操作できることも大切。ペンライトを使う診察の時には、舌圧子など他にも保持するものがあるから。プッシュスイッチがよい。ひねってオンオフするスイッチは、両手が必要になるので煩わしい。ペンライトを使った診察のやり方はねじ子本で。

どんなペンライトがあるか

医療用のペンライトは一般医療機器(クラスⅠ)の汎用光源に分類される。承認は不要ながら、製造販売には厚生労働省への届け出が必要。製造販売に制限があるだけで、一般用のペンライトでも医師の裁量で使える。

一般用で医療用にも使えるもの

日亜化学製の高演色性LEDの使われているペンライトが医師に好まれる。

中国のメーカーLumintop社のペンライト。一般用だが、医師に好まれる。ベストだというレビューもある。日亜化学製の電灯色(4000K)高演色性LED。スイッチで明るさを順にMID(25ルーメン)、LOW(1.5ルーメン)、HIGH(125ルーメン)の3段階に切り替えられ、口腔の診察、対光反射、夜間の見回りに対応できる。一般内科ならペンライトは口腔に使うことが多いので、MIDで最初に点灯するのが合っている。2メートル防水。落下耐久1.5メートル。アルミ製(23グラム)のほか、真鍮製、チタン製のもある。Cree社LEDのバージョンもあり、演色性に劣るので、注文時に確認を。レビュー

中国のメーカーNitecore社の医療用に企画されたペンライト(国内では医療用としては販売されてない)。日亜製LEDが使われ、3段階光量切り替え。上のIYP365との違いは、LEDの色温度が5000K(白色)なのと、スイッチONの最初の光量がLOW(4ルーメン)で、次にMID(45ルーメン)、HIGH(180ルーメン)と順に明るくなること。対光反射に使う機会が多いならこちらを。2メートル防水。エタノール消毒対応。落下耐久1.5メートル。瞳ゲージ付き。レビュー

中国のKlarus社のペンライト。日亜製LED(5000K)。スイッチ半押しでHIGH、LOW、MIDの順に明るさが切り替わる。再点灯時の光量が最後に使用した光量になるメモリー機能付き。どれか一つの光量しか使わないなら。人間の方の「メモリー」が最後の光量を覚えられないので、いろいろな光量が必要なら、メモリー機能は最初の光量を予測できず却って煩わしいかも。

東京の池之端に本社のあるジェントス社が企画販売するペンライト(製造は中国)。一般用だが、医師にも好まれる。高演色性の白色光LEDが使われている。口腔内にはちょうどいい明るさ。対光反射には少し眩しいので、掌で光をおおいながら使う。光量は1種類だが、スイッチ半押しで一時点灯するので、ちょっとだけ光がほしいときに便利。均一な円形の配光。レンズの色収差による色付きが光の縁にでるが、レンズにスコッチ・メンディングテープを貼れば色は消える。防滴仕様(IPX4準拠)。旧型のLU-185はレンズがなく色付きが出ないのでプレミアがついていたが、配光が不均一。レビュー

単4電池1本用で小型で、デザインの意匠が違う以外は上のIYP365と同じ。本体は、アルミ製、チタン製、純銅製の3種類がある。Cree製LEDのバージョンもあり、演色性に劣るので、注文時に確認を。レビュー

製造終了。一般用だが、医師にも好まれていた。もと、定価700円だったらしいが、プレミアがついている。

医療用

医療用ペンライトには、安価なのと高価なのの2種類しかない。

医療用の安価なペンライト。低輝度の暖色のLEDが使われている。プッシュスイッチが軸の後端にある。軸に瞳径の目盛りがあるが、対光反射を見ている間は使えない。故障しやすいとのレビューが目立つ

看護師向けショップのペンライト。単4電池1本のショートタイプ。

医療用の安価なペンライト。クリップを押しているあいだ点灯する。白衣のポケットにささっていれば点灯しないが、カバンに入れると押されて点灯状態になり、使いたいときには電池切れということも。

医療用の高価なペンライト。電球(ハロゲン球)で、暖色で明るすぎず、診察にちょうどいい。落とすと球切れになりやすいなど、価格から期待されるような品質はなさそうなレビューがある。

米国には、使い捨てのも売っている。

その他

かわいいペンライトはナース用品の専門店で

高演色性LED

日亜化学工業は青色発光LEDを世界で初めて製品化したメーカー。続けて青色発光LEDと蛍光体を組み合わせた白色LEDを開発した。ペンライトにしばしば使われている「219」は表面実装型LEDで、シリーズ化され多数のバージョンと世代がある。高演色性の現行製品にはNVSW219C(色温度5000K)とNVSL219C(色温度4000Kと3500Kの2種類)とがある。

色温度

物体を高熱にしたときに発する光(黒体放射)のスペクトルは、温度に依存する。温度が低いと光は赤黒く、温度が上がるにつれて赤、黄色、白、青白にみえる。このスペクトルの違いを、熱した物体の温度で表したのが色温度である。

昼光色蛍光灯や白色LEDの発光は黒体放射ではなく、スペクトルも黒体放射とは異なるが、ヒトに知覚される色調から相当する色温度を当てはめることができる。

カラーフィルム時代の写真工業では、陽光(太陽光と青空の混色)に相当する5500Kと、スタジオ撮影で使われていたタングステンランプの3200Kが標準とされた。グラフィックデザインでは6500Kないし5000Kが使われる。多くのパソコンのモニタの色温度は6500Kで、sRGBの基準でもある。出版分野では印刷物が昼光下で見られることに合わせ、5000Kが標準とされる。

内視鏡のキセノンランプの色温度は約6000K、検眼鏡などのハロゲンランプは約3500Kだが、現在はLEDで代替されることが多い。

演色性

照明装置で物体を照らしたとき、標準光源と比較して、その物体の色調をどれだけ正確に再現できるかの程度を演色性という。基準となる中間色8色の再現性を平均した平均演色評価数(Ra)が90を超えれば、高演色性とみなせる。国際照明委員会 (CIE)とJIS規格で定められる。

アップデート

  • 2018/1/9 LEDに関する説明を追加
  • 2017/10/23 更新
  • 2017/8/13 更新
  • 2017/6/13 最初の投稿

アイキャッチ画像:Pixabay