ペンライトを買う

医療用のペンライトというのがあって、いくつか条件がある。

  • 明るすぎない
  • 高演色性(色が正確に見える)
  • 配光が均一でシャープ
  • 片手でオンオフできる

ペンライトは病院ではつぎの用途で使う:

  • 対光反射
  • 口腔内などの診察
  • 夜間の当直

ふつうのペンライトは光源がLEDになっていて、小さくても明るいことをセールスポイントにしてある。しかし、これで被験者の瞳に光を当てると、明るすぎて被験者を眩しがらせてしまう。反対に、暗すぎても対光反射が出にくくて役に立たない。

病院に転がっているのを借りられるかもしれないが、電池切れだったり、故障していたりで使えないかもしれない(*)。自分用に用意して、白衣のポケットに入れておこう。ペンライトが必要な場面には、ミッションクリティカルなのが少なくないからだ。

*病院にころがっているものだと、たいてい、ペンライトは電池切れか壊れているし、多色ボールペンは赤しか書けないし、聴診器には知らない人のイニシャルが入っているか血圧計用

ふつうのLEDのペンライトは青みがかった光を放つのが多い。口腔などの診察にこれを使うと、実際より血色がわるく見えてしまい、判断を過つ。医療用のペンライトには電球や、LEDでも電球色や昼光色のが使われている。

配光も重要で、縁がハッキリしていると、ペンライトを振って瞳に光を当てたり外したりがやりやすい。

片手でスイッチを操作できることも大切。ペンライトを使う診察の時には、舌圧子など他にも保持するものがあるから。プッシュスイッチがよい。ひねってオンオフするスイッチは、両手が必要になるので煩わしい。

どんなペンライトがあるか

医療用ペンライトには、安価なのと高価なのの2種類しかない。一般用のを流用する人もいる。

医療用の安価なペンライト。低輝度の暖色のLEDが使われている。プッシュスイッチが軸の後端にある。軸に瞳径の目盛りがあるが、対光反射を見ている間は使えない。

医療用の安価なペンライト。クリップを押しているあいだ点灯する。白衣のポケットにささっていれば点灯しないが、カバンに入れると押されて点灯状態になり、使いたいときには電池切れということも。

医療用の高価なペンライト。電球(ハロゲン球)で、暖色で明るすぎず、診察にちょうどいい。価格から期待されるような耐久性はなさそうなレビューがある。

日本のジェントス社の製品。一般用だが、医師にも好まれる。高演色性のLEDが使われている。対光反射には少し眩しいが、口腔内にはちょうどいい。均一な円形の配光。レンズの色収差による色付きが光の縁にでるが、レンズにスコッチ・メンディングテープを貼れば色は消える。防滴仕様(IPX4準拠)。旧型のLU-185はレンズがなく色付きが出ないのでプレミアがついていたが、配光が不均一。レビュー

中国のメーカー。一般用だが、医師にも好まれる。日亜化学製の高演色性LED。明るさを3段階に切り替えられる。他社LEDのバージョンもあるので注文時に確認を。

中国のメーカー。LEDは日亜化学製だが高演色性のタイプではなく色温度が高め。輝度が低い。配光は境界のハッキリした小さめの円形で、レンズの色収差による色付きが光の縁にでる。クリップがないので、胸ポケットに差すのには向かない。

製造終了。一般用だが、医師にも好まれていた。もと、定価700円だったらしいが、プレミアがついている。

かわいいペンライトはナース用品の専門店で

米国には、使い捨てのも売っている。

なお、医療用のペンライトは一般医療機器(クラスⅠ)の汎用光源に分類される。承認は不要ながら、製造販売には厚生労働省への届け出が必要。

ペンライトを使った診察のやり方はねじ子本で。

アイキャッチ画像:Pixabay