ゼブラフィッシュ実験ガイド

ゼブラフィッシュ実験ガイド

ゼブラフィッシュ実験ガイド

平田 普三
3,300円(02/23 07:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

ゼブラフィッシュは生物学研究のモデルとして、マウス、ショウジョウバエ、ゼノパスと並んで用いられる。現在は論文数ではショウジョウバエに並んでいる。

 

 

本書はゼブラフィッシュを使った研究のためのガイドブック。これまで同様の成書には英文のしかなかったが、初めての日本語の本になった。研究者はおおむね英語でも大丈夫だが、技術職員や学生にも実験の作業をお願いするには、日本語の本はありがたい。

「はじめに」にあるように、ガイドブックとしては『The Zebrafish Book: A guide for the laboratory use of zebrafish (Danio rerio)』(Eugene, University of Oregon Press)がより広く利用されている。最新の第5版の冊子体は$50だが、日本から買うと送料がその倍くらいかかる。同じ内容がオンラインで無料で公開されているので、それで足りる。

 

The Zebrafish Book

 

はじめに

 

本書では、ゼブラフィッシュの概略、飼育法などの基本的な手技に加え、最新の実験方法や日本国内のリソースが紹介されており、『The Zebrafish Book』との違いになっている。また、材料や資材が国内に合っているのが便利だ。他の成書にくらべて135ページの小さな本だけれども、追加で使う有用性は高い。価格を抑えるためか大部分は墨一色だが、カラー印刷が23ページある。

  • もくじ
    • 第1章 実験動物としてのゼブラフィッシュ
    • 第2章 系統
    • 第3章 飼育
    • 第4章 交配と採卵
    • 第5章 発生
    • 第6章 仔魚の運動
    • 第7章 仔魚の行動
    • 第8章 成魚の行動
    • 第9章 トランスジェニックゼブラフィッシュ
    • 第10章 遺伝子の機能阻害
    • 第11章 遺伝子ノックイン
    • 第12章 ライブイメージング
    • 第13章 化学物質の毒性評価への応用
    • 第14章 創薬への応用
    • 第15章 ゼブラフィッシュのデータベース
    • 第16章 ゼブラフィッシュ・リソース事業
    • 第17章 実験に必要な手続き

 

ゼブラフィッシュの概略

 

ゼブラフィッシュ関係の書籍にはかならずといっていいほど紹介されるジョージ・ストライジンガー

 

飼育法

 

発生の概要

 

トランスポゾンを使った遺伝子改変

 

CRISPR/Cas9

 

ライブイメージング

 

日本国内のリソース