教科書・参考書のまとめ

解剖学、発生学、組織学の学習に役立つ教科書・参考書をまとめた。また、その他の基礎医学の教科書や、それらの学習の参考になりそうなテキストもとりあげた。個々の本のレビュー記事のまとめはこちら

目次

まず読む

★★★★★ 医学部の勉強は、大学受験までの勉強とは違うし、他学部とも違う。それを最初に思い知るのが、解剖学だ。授業が始まる前に本書を読んでおくと、悩みが減る

おすすめセット

まず、教科書、アトラス、実習書を3点セットで揃えよう。実習書は指定だが、他は自分に合ったのを選ぼう。

  • 教科書:人体の成り立ちが形を軸に説明される。
    • 通しで勉強するための本:授業期間内に通読して学べるかを自分の状況に合わせて選ぶ。詳しすぎると大変。反対に簡単すぎて項目の羅列になっている本だと、理屈がつかめず大変。各自何か1冊。
    • わからないときに調べるための本:授業で出てきた項目が上で選んだ本に載ってないときに、細部まで詳しく書かれた本の当たりを付けておく。図書館で使えばよい。
  • アトラス:解剖図(イラストまたは写真)だけの本。形を学ぶのに図は大切。教科書にも図はあるが、実習のいろいろな場面まではカバーしていない。図だけの本が手元にあると役立つ。
  • 実習書:解剖学実習の手順が書かれた本。複雑に折り重なってできている人体を切り分けるので、手順のガイドがないと解剖できない。本によって手順に差違があるので、指定されたのを各自1冊。履修者のモチベーションを保たせるために、作業の意味づけてくれるような説明も少しはある。けれども、理屈的なこと(筆記試験で問われるようなこと)を身に付けるには教科書も併読。(解剖手順が後に役立つわけではないので、試験にはでない。)

実習書(指定)

教科書とアトラス

電子書籍も合わせて活用したいなら

本学先輩たちのファーストチョイス

意識高めなら

実地試験対策に、写真のアトラスを追加

画像解剖や発生学の教科書も忘れずに

英語がいけるなら実習書とアトラスは原著最新版のペアで

ピンチになったら

解剖学の教科書

解剖学の履修には、厚い専門書を解読し自分の血肉にする能力の養成も含まれる。親切な教員のプリントでなんとかなるなんて、甘い

★★★★★ よく練られた文章。CGで描かれた図は、立体的ながら形態がよく整理されすがすがしい。的確に設計されたレイアウト。まず読み通すのが早道。日本語版と英語版の両方の電子書籍が付属

★★★★★ 他の解剖学の教科書と比べて小さくて軽い。記述は簡潔で必要十分。図も分かりやすい。

★★★★★ 詳しい解剖学の教科書。臨床事項が沢山ある。文章で記述した項目一つ一つに図があるくらい、図が沢山ある。

★★★★★ マンガとエッチなゴロ合わせが楽しい。臨床上の重要点がわかり、事情通になれる。第9版でカラーになった。図中の手書き字に誤字がしばしば。他にアトラス必須。

★★★★☆ 試験前にピンチなら。

★★☆☆☆
文章から学ぶのが得意なひとに。詳細な解説とそれを助ける概念図。神経解剖学を含む。クラシックな臨床事項が内容に深みを増すが、画像診断など実際の医療への関心は皆無で(背側を上向きに図が描かれている、気管支B6の分岐や内側半月の動きが変など)、世界観が閉じている。立体的理解には他にアトラスは必須

★★★★☆ 解剖と生理が一緒になっている。記載の方法が系統ごとなので、解剖学実習の予習には使いにくいか。時間や気持ちに余裕があって解剖学・組織学・生理学を包括して勉強したいとか、教養課程のうちに予習したいとかに。電子版はピクセルが粗くて眼が疲れる。

★★☆☆☆☆ 局所解剖学。直裁で簡潔な記述、簡略な付図。USMLE対策用の巻末問題あり。原著より改訂が遅れている

★★★★☆ 米国の学習到達度テストUSMLEの準備に使われるHigh-Yieldシリーズの一冊。実利的な米国の医学教育そのままのよくフォーカスされた内容。英語の練習に適当。安価なので挫折しても悔いなし。復習や知識の整理に

★★★☆☆ 系統解剖学教科書。多数の美しい付図、十分で簡潔な記述だが、伝統的な系統解剖学的形式なので、読んでおもしろくはない

一人ひとりの顔つきに違いがあるように、実際に解剖をしていると、解剖体の形は教科書ぴったりにはなっていないことに気づく。それを科学的に根拠づけた本。図書館でみてください。

解剖学のアトラス

実習の予習や実習中の参考に、アトラスは必須。イラストのと写真のとがあるが一長一短

★★★★★ 木炭画による初代の図から、最近のCGの図まで、いろいろなタッチのイラストがある。一見した統一感はないが、正確で有用な図が多く、構成が論理的。『グラント解剖学実習』に対応するのは旧版

★★★★★ CGで描き下ろされたイラストは、いずれも精緻で美しく立体感があり、見て理解しやすい。順を追って解剖が進んでいくなど、論理的にイラストが計画されている。ドイツの出版社なので、英米のグレイなどとは用語に少し差異がある

★★★★★ 多数の写真によるアトラス。標本はいずれも執拗なまでに解剖されている。第8版ではCTやMRIが刷新され、解剖写真と相関できるようレイアウトされている。構造の名称を番号で参照させるスタイルだが、それを追うのは煩わしい。『グラント解剖学実習』に対応するのは第6版

★★★★☆ 写真によるアトラス。写真の各々にスケッチが付され、用語などのラベルがスケッチに施されている。アトラスとしては説明文が豊富

★★★★☆ 図は『グレイ解剖学』より詳しく描き込まれている。プロメテウスより少し模式的。CTや勉強に使える素材も。電子版が付属している。

★★★★★ 見開きで図と説明が完結していて使いやすい。図はペン画だが、素晴らしい画力で立体感や質感も感じられる。コンパクト。国際解剖学用語準拠だが、英語圏の教科書とは細部で異なる。文化圏の違いなので気にしないこと

★★★★☆ 写実的でスッキリ整った彩色ペン画が素晴らしい。図の解説が豊富で、教科書くらいの情報量がある。構成は系統解剖学。発生学、組織学、神経解剖学も含むが、原著の出版年(2009年)なりに古い情報があるので注意したい

★★★★☆ ネッター氏ほかのイラストを元に編集したもの。全体を通しての論理性にとぼしい。皮下組織を残した図が解剖途中の様子をイメージさせてよい面も。別冊「学習の手引き」と電子書籍がついたセット版もある。『グラント解剖学実習』に対応するのは旧版(セットはない)

★★★☆☆ 多数の大きな写真によるアトラス。各章のはじめに解剖の概説と臨床関連事項がある。StudentConsult付き

★★★☆☆ 写真によるアトラス。写真の質は玉石混淆。原著ではStudentConsult上に膨大な追補(クリニカルケースと練習問題)があり、書籍と合わせて一体となっている。この日本語版ではそれを欠き残念

★★★★★ 美しい図と必要十分な説明文。3巻組のボリュームに躊躇するならお勧めはしない。

解剖学実習書

実習書は指定のものを。手順が本によって異なるので。

★★★★☆
日本語版を2013年度から指定。世界で最も多く使われている。実習の目標が章ごとに明示され迷子になりにくい。作業説明は簡潔で明快だが、懇切丁寧ではないので教科書やアトラスでの予習は欠かせない。的確な図。『グラント解剖学図譜 原著第11版』、『ネッター解剖学アトラス原著第4版』、『解剖学カラーアトラス 原著第6版』の参照ページが示されているが、これらは最新版ではないので古書で。原著は実習書、アトラスとも2016年初頭に改訂

★★☆☆☆ 実習室に班の数だけ所蔵あり。2012年度までの指定実習書(脳の解剖の部分のみ使用予定)。記述が整理されておらず、読みにくい。模式図がわかりにくい。臨床事項あるが古く、有害でさえあるものも

★☆☆☆☆ 骨のことしか書かれていなくて、細かな用語を同定するだけの実習に終わってしまう。形態の意義を、他の臓器や組織と関連づけて考えるには不向き。普通の解剖学の教科書の骨の部分を使ったほうが効果的

『解剖実習の手びき』を今風にした実習書。手順が『手びき』に準じているので、カリキュラムを変えずに実習書を変更できるのが教員側のメリット。作業がステップごとに整理され、随所にカラー図版がある。ただし『手びき』で省略可とされている手順も省略されておらず、手間がかかる。

脳の解剖を、写真と図によって順に説明しており、短時間で実習を済ませられる。脳の解剖実習の新しいテキストは世界的にも少なく、貴重。2013年度の授業では不採用

脳の解剖を、写真によって順に説明している。

絶版になった『実習人体解剖』に沿った図だけ。白黒のペン画

CTの参考書

CT、MRI、放射線医学の参考書。医療画像では人体をいろいろな向きや断面でみるので3次元的な見方に馴れないといけない。実データをみて身に付ける他ないが、ガイドブックがないと独りよがりに。CT課題の準備にも必要

★★★★★ 正常画像の解剖をストイックに同定している。解剖の基本が模式図で示されており役に立つ。肺区域が葉間裂に合っていなかったり、表紙にはエコーもあるが実際には腹部の4ページだけだったり、ラフエッジは残っているかも

★★★★☆ 疾患別によく整理されている。医家向けなので、安全管理など実務的な内容もある。日本医師会の会員はサイトからDLできる。家族親族に会員がいたらきいてみよう。状態のよい古書も比較的安価に入手できる

★★★★★ CT、MRI、X線、アンジオ、エコー。いろいろなモダリティでの疾患のみどころが簡単にわかる。CBT、国試対策に

★★★★★ 胸部のCT解剖が立体的にわかる。立体的な図は3DCGではなく手描き。世界的にも類書ない

★★★★★ 腹部の画像解剖が立体的にわかる。立体的な図は3DCGではなく手描き。世界的にも類書ない

★★★★☆ 比べられるのがナイス

★★★★☆ X線写真、CT、MRI、エコーの解剖アトラス。部位同定が詳細で丁寧。通読して学ぶ使い方より、実際の画像をみながら参照するのに有用。付録に読影のチュートリアル(英語)のスライド(要Flash)がCDでついてくるが、こちらを勉強するのは忍耐が必要。原著は改訂されて第5版に。

★★★★☆ OsiriXの日本語マニュアル。実際的で具体的

★★★☆☆ CTの断層像に現れる構造を細かく同定してある。読影のポイントの簡潔な解説も役立つ

臨床医学から解剖学へ

★★★★☆ CBTや医師国家試験にも頻出する代表的な病態を解剖学の視点から説明する。解剖学を学ぶ意義がわかる

★★★☆☆ 解剖学で学ぶ内容を臨床的視点で整理し実用的パースペクティブを得るのによい。しかし、間違いが散見されるのが難。原著は改訂され改善されている

★★★★★ 消化器外科の術式書。発生過程を逆転するように、膜をほぐして臓器を外す。筆者の医師自身による明解なイラストが語る。腸管の回転や鼡径管の構造の図は、発生学や解剖学の教科書に勝る

★★★★★ 基礎医学をどう学んでおけば役に立つか、その参考に。診断学の名著

MeAV Anatomieを使った、神経ブロック手技のガイドブック

問題集

試験対策と問題集。CBTや国試には解剖学などの基礎医学からも出題される

これらは、USMLE対策の問題集

★★★★★ 症例を通して理解を深めるスタイルの読み物。題材は国試の臨床問題ですが侮ることなかれ。周辺事項も含めて面白く学べます。参考書籍のページ数も掲載されており、理解をさらに深めたい人に対するフォローも万全。各項目の執筆者が明記されている点も安心できます。「買い」の1冊です(2010年度履修生Y;評価時4年)

CBTや国試には肉眼解剖、組織学、発生学からの出題もある。対策書の多くは出版社のライターが執筆している。解説が変だと思ったら専門の教科書で確認しよう

発生学

★★★★★ 発生生物学の成果を盛り込んだ人体発生学の教科書。記述発生学と発生生物学がうまく整理されて、分量も多すぎない

★★★★★ 描き下ろしのイラストとコンパクトな解説。授業やCBTに堪える最小のテキスト

★★★★★ コンパクトなテキストだが、図の大部分に京都コレクション(ヒト発生標本の世界的なコレクション)からの素材が使われており、類をみない

★★★★★ 発生生物学では定評のある教科書。この分野の記述はともすれば遺伝子名の海にのまれそうなところ、明解に整理され、読みやすい

★★★★☆ よく使われてきた発生学の教科書。美しい模式図が特徴。形態学的記述と臨床との関わりに重きが置かれる。発生生物学は切り捨てられている。日本語版の改訂が遅れている

★★★☆☆ 古典的な記載生物学を軸に、臨床との関わりと現代的な発生生物学がコラムとして付け加わっている。情報量が多く、すこし読みにくい。原著は改訂され、発生生物学が増量。

★★☆☆☆ 『ムーア人体発生学』とともによく使われてきた発生学の教科書。分子発生学も記載されているが、説明がわかりにくく、図に間違いが目立つ。Symbryo(人体発生のアニメーション)へのアクセス権付き

組織学

★★★★★ よくアップデートされた内容。整っていて理解しやすい図。タイトな文章。関連する病理学も言及されている。模式図がわかりやすい。

★★★★☆ よくアップデートされた内容(原著)。教科書とアトラスがこれ1冊で済む。写真が多い。日本語版の改訂が待たれる。

★★★★☆ 理解を助ける模式図がおおい。写真が古ぼけているのが玉に瑕。日本語版が原著の改訂に遅れず随時でている

★★★★☆ コンパクトで、説明がわかりやすい。図が模式図で、顕微鏡写真はない。実習をがんばるように。

★★★☆☆ 分量はコンパクトだが、内容がストイックになり、余裕がない感じ。顕微鏡写真が小さめ。HEだけでなく、蛍光顕微鏡写真など特殊染色があるのがよい


★★☆☆☆ 美しい電顕写真が多数。光顕写真は少ない。一部の記載には古い部分がある。医学生の学習教材としては勧めがたい

★★☆☆☆ 日本語版はすでに古く「最新」ではない。図が少なく文章だけで高密度に説明されるので、わかりにくい。原著は改訂され新しい知見が入ったが、勉強しにくい傾向は同じ。勧められない

神経解剖学

★★★★★ 筆者は神経内医。症例を検討しながら、神経解剖学を楽しんで学べる

★★★★★ 神経所見をとれるのに必要十分。

★★★★★ 形態だけに偏らず、その機能的な意味付け、臨床上の着眼点が、豊富な図とともに記載されている

★★★☆☆ 脳・脊髄の剖出標本・スライス・切片の写真、3D画像、模式図、MRI、Angioが多数。学部生にはOverkillかもしれないが、専門家なら有用だろう

★☆☆☆☆ 写真が載っているのはいいとしても、図に的確なのが少ない。脳室、辺縁系のイメージがつかみにくいなど解剖の教科書としては弱い。通読するにも記述が不足、記述もわかりにくい(2011年度履修生S;評価時3年)

★★☆☆☆ 雑誌の連載をまとめた本。見開きで1テーマのオムニバス構成。明解な模式図と簡潔な説明。文字サイズや行間がばらばらで読み難い。ボリュームに比較して高価。執筆が旧いので、陳旧的な内容があり得るから、鵜呑みにはできない。新しくてよい本が他にある

★★☆☆☆ 原著はUSMLE向けの受験対策書だが、訳者が多く追補している。目的が既習の科目のまとめなので、医学生が授業の学習に使うには不向きか

クラシックス

古くからあり、いまも改定が継続されている教科書。Gray’s Anatomyの初版は1858年刊。Netter氏のイラストが出版され始めたのは1930年代。

グレイ解剖学のメインストリーム

プロ用に編集したネッター

ゾボッタのアトラス

読み物

★★★★★ 米国の医学部での解剖実習のルポルタージュ

★★★★★ 『グレイ解剖学』の最初の著者達の人生を少ない資料から読み解く。『グレイ』は麻酔の発明によって外科が急発展していたころに書かれた。『外科の夜明け』と合わせて読みたい

★★★★★★ 近代外科学が麻酔法と消毒法の発明によって生まれた経緯のドキュメンタリー。前2者は抄訳だが、意図は十分に伝わる。いずれも絶版。3つ目は完訳で、おどろおどろしいディテールまでわかる。直訳調で読みにくい。

★★★★★ 同名ブログの書籍化

★★★★☆ 東大の医学科6年生が、後輩に解剖へのモチベーションを持ってほしいと書いた。解剖学を学ぶことに疑問を感じたら。臀部筋注の話が旧いのは多分筆者の使った『解剖実習の手びき』のせい

★★★★★ 米国のPhDを題材にした4コママンガの書籍化・映画化。MD-PhDコースを決める前にPhDとはどんなものかみておこう

★★★★★ 脊椎動物の比較解剖からその成り立ちを深く理解する。原著はとうに絶版で日本でだけ売られている。米国では教養課程でよく使われていたが、継承者が途絶えたか

進化と生態を発生生物学・分子生物学から説明する

その他の基礎医学

★★★★☆ 『細胞の分子生物学』からエッセンスを。エッセンス過ぎてかえって分かりにくいところがあるが、そのときは『細胞の分子生物学』を読めばよい。

★★★★☆ 神経解剖の勉強でわからなくなったときには神経科学の専門書を

医学英語

英語を母国語とする人にも、医学英語は外国語を学ぶようなものらしい。

医学英語の教科書。米国では医学用語の授業があり、そこで広く使われている。医学用語の成り立ちからはじまり、実際の医学を美しい英語で説明していて、医学全般の教科書のようでもある。本文を読み、練習問題に書き込みながら学ぶ。独習には多少分量が多いか

The Language of Medicine の簡略版。分量は少なくなっているが、十分。

The Language of Medicine のポケット判。本国のコメディカルの人が、医師の話す専門用語がわかるように企画されたようだ。

マンガでわかる

★★★★★ イラストと手書き文字で、臨床手技が機微までわかる。『平成医療手技図譜』という同人誌のシリーズのうちから市販化されたもの

★★★★★ おもしろい。身近な話題から生化学に入り生態学まで行く。授業の足しになるかどうかは知らないが。英訳されAmazon.comでもよく売れている

★★★★★ これは本当によく分かる。他の教科書を読む前に

悩んだら読んでみる

試験に出るポイントをいわない授業はダメだ、とかいってるやつ、アホか、これでも読め

ドラッカーの『マネジメント』も含めて、大学のVIPたちに読んでほしい

学生にも教員にも、すぐ正解を求めようとするクセついてる人がいて、世界をややこしくしている。そもそも何が問題なのかをよく考えるのが先

わかりやすく説明する心がけ

手短かに説明する心がけ

自分の字を他人が読めないなら、医者になる前に直そう

著書・翻訳

機能形態学の教員による著書・翻訳

解剖学・発生学(インテグレーテッドシリーズ3)

医療現場iPad活用ガイド

トートラ解剖学

リープマン神経解剖学 第3版

機能を中心とした図説組織学

ジュンケイラ組織学 第2版

トートラ人体解剖生理学

医学書院医学大辞典

染色・バイオイメージング実験ハンドブック―細胞や組織の形態・遺伝子・タンパク質を観るための染色法と顕微鏡観察のすべて (実験医学別冊)

初めてでもできる共焦点顕微鏡活用プロトコール―観察の基本からサンプル調製法、学会・論文発表のための画像処理まで (注目のバイオ実験シリーズ)

組織細胞化学 2011

組織細胞化学〈2004〉進化するバイオサイエンス 第29回組織細胞化学講習会

組織細胞化学〈2003〉分子と情報の局在を見る

組織細胞化学〈2002〉ポストゲノム時代のコアテクニック

おすすめしない

よく見かける本の中にも、古い本、変な本があることも

解剖学用語

医学出版の関係者であれば必要だが、学生なら教科書を読もう。電子データで無料公開されていたら、かな漢字変換辞書になるなどして世の役にも立つものを

人体解剖マニュアル ~一目でわかる人体の不思議~ DVD-BOX

このDVDの企画・出演者は「人体の不思議展」に関係し、法や倫理に反するとの指摘がある

好きになる解剖学好きになる解剖学 Part2

解剖学の本ではよく売れている。キライな解剖が好きになれたらどんなに気が楽になるかと願って買うのだろうか。しかしこの本はアンサーではない。どんな読者を想定するのか不明で、読者への益を何にしたいかの意志も感じられない。副題から想起される体表解剖学は少ない

骨単肉単臓単臓単

解説は用語の語源の説明がほとんど。解剖学を学ぶ目的では利点ない。イラストに質感がなくて、誤解してしまうことも。言語学の資料的価値は唯一無二ですばらしいので、それを求めるなら買おう

解剖学―分担 (1)(2)(3)(続巻)

日本の解剖学教科書として「日本人体解剖学」と双璧をなしていた。1980年代の刊行で、さすがに古すぎる(特に組織学・発生学の続刊)。変異の統計が記載されていて、実習中に変異に出会って困ったときには役立つから、図書館でみよう

標準組織学 総論各論

切磋琢磨の多い洋書に後れを取っている。総論は著者が代わり先に改訂され改善されたが、古い内容をまだ引きずっている

クイックレビュー臨床発生学

翻訳が雑で、意味が通らない部分が多々。意味が逆になっているところも。訳者序文で反復説が標榜されていて閉口する。原著はUSMLE対策書として米国ではポピュラーなシリーズの一冊