解剖図のイラストレーター

成功した解剖学のテキストには必ず優れた図があり、それを制作したイラストレーターたちがいる。

『グレイ解剖学』

Henry V. Carter, 1831–1897

医学生の時に『グレイ解剖学』初版の図(木版原板の原図)を制作した。図そのもののなかに解剖名を描き入れるのは当時画期的だった。その後医師としてインドに渡り、医大の解剖学教授も務めた。現行の『グレイ解剖学』にはCarterの図は使われていない。

Richard M. Tibbitts

Richardsonとともに『臨床神経解剖学』や『グレイ解剖学』などの図(CG)を制作した。

Paul E. Richardson

Tibbittsとともに『臨床神経解剖学』や『グレイ解剖学』などの図(CG)を制作した。

『ネッター』

Frank H. Netter, 1906–1991

NetterImages Logo

CIBA(現在のノバルティス)の販促物のイラスト(水彩画)を制作した。CIBAはこれらを解剖図の小冊子や分冊シリーズにまとめるなどし、後に再編集され『ネッター』になった。

『グラント』

Dorothy Foster Chubb, 1908–2005

DC『グラント解剖学図譜』(原著第1〜4版)や『グラント解剖学実習』の図(木炭画)を制作した。『グラント解剖学図譜』初版の図のほとんどを1年間で仕上げた。

Nancy Joy, 1920–2013

『グラント』のChubbに加わり、図(水彩画、彩色ペン画)を制作した。

Elizabeth Blackstock, 1911–2009

スクリーンショット 2016-02-01 15.30.32『グラント解剖学図譜』の図を制作した。

Eila Hopper Ross

『グラント解剖学図譜』の図を制作した。

Marguerite Drummond, 1918–2011

『グラント解剖学図譜』の図を制作した。

Stephen Mader

『グラント解剖学図譜』の図を制作した。

Valerie Manon Oxorn

『グラント解剖学図譜』の図を制作し、古い図の色調を調整した。

  • ブログ
  • Clinical Anatomy of the Hand: Serial Dissection and Illustration 2012年のセッションに『グラント』の原著者とともに参画した
  • 論文中の図を制作

『プロメテウス』

Karl H. Wesker, 1953–

Vollとともに『プロメテウス』シリーズの図(CG)を制作した。運動器系を多く担当。

Markus E. M. Voll, 1961–

Weskerとともに『プロメテウス』シリーズの図(CG)を制作した。内臓系を多く担当。

『図解 解剖学事典』『解剖学アトラス』

Prof. Gerhard Spitzer

1954年からメディカルイラストレーター。『解剖学アトラス』、『図解 解剖学事典』などThieme社のテキストのペン画を多く描いた。Stephan Spitzerの父。

Stephan Spitzer, 1960–

『解剖学アトラス』の原図(デジタル化ペン画、CG)を制作した。1988年から父Gerhard Spitzerに師事し、1998年まで協業。独立後からCGを使用。

日本人のメディカルイラストレーター

Izumi Kayama, MA