マークシート用鉛筆を買う

F1Digitals / Pixabay

解剖学の試験の答案にはHBの鉛筆を強く推奨する(シャープペンシルも可)。記述式もHB

答案記入で成否を分けるのは、鉛筆の選択だ。医師国家試験では、鉛筆の濃さは HB指定 (シャープペンシルは自己責任)。医師国家試験はマークシート形式だ。本学医学科の試験の多くもマークシート形式が採用されている。

薄すぎる鉛筆ではマークを十分濃くできない。そのためマークが読み取れない。しかし、問題は薄いときばかりではない。

濃すぎる鉛筆では、スキャナーのゴムローラーで擦れて答案が汚れる。当該の答案だけでなく、続いて読み取られる答案にも汚れが広がる

解剖学の試験では、記述式の答案もスキャナーで読み取るので、マークシートと同じ鉛筆を使用のこと。

近年、小学校で濃い鉛筆を使うことが多いせいか、医学生にも濃い鉛筆をつかう人が少なくない。注意されたい。

鉛筆やシャープペンシル、消しゴムは、無地でなくてもよい。市販の普通の製品には解剖学用語は書かれていないので。

実は、本学の試験では答案を普通のスキャナーで読み取るので、黒くて擦れず裏写りしなければ、鉛筆以外でもよい。適当な代用品はなかなか無さそうだが。

使用不可