感染症キャラクター図鑑・からだの免疫キャラクター図鑑

いろいろなものをキャラクター化した子ども向け図鑑のシリーズから。感染症のと免疫学のを2冊。いずれも元国立感染症研究所研究員の専門家が監修していて、児童図書ながら内容がしっかりしている。

感染症キャラクター図鑑

『感染症キャラクター図鑑』

巻頭に感染症の総説が4ページある。要点がよく押さえられている。続いて、感染症を感染経路で分類した各論がある。よくみかけるもの、ニュースなどで報道されたものなどが取り上げられている。いずれも見開き2ページで1つの感染症が説明される。

感染症のキホン

風疹。昨年世界的に感染が拡大した。見開きの左のページに病原体、症状などがまとめられる。

特徴のまとめ

右のページに詳しい解説

サルモネラ感染症。鶏刺しからの感染で昨年話題になった

マラリア。世界的には最も感染者の多い感染症のひとつ

からだの免疫キャラクター図鑑

『からだの免疫キャラクター図鑑』

構成は『感染症キャラクター図鑑』と共通。巻頭の総説に続いて見開きの各論がある。各論で取り上げられるのは、免疫に関わる細胞、器官、組織、分子だ。

免疫のキホン

NK細胞

胸腺

正の選択・負の選択も取り上げられている

インターロイキン。分子も取り上げられる

キャラクター図鑑のシリーズには他にも、理系、文系のテーマの本がいろいろある。

Print Friendly, PDF & Email