パナケイアの手

天才外科医を主人公にした医療マンガ。「ヤングアニマル」に掲載されていた。2巻完結。『ねじ子のヒミツ手技#』の帯になっていた。

すべてを癒すとされる医療の女神であるパナケイア。その手を持つとまで称された世界最年少外科医の日本人の少女が、医療先進国アメリカにいた。しかし、さらなる活躍を誰もが期待していた中で、少女は突如として消息を絶つ。1年後の日本、駆け出しの研修医・田宮は空腹で気を失いかけたところを、パン作りが趣味の女子高生・生野いくみに助けられる。自分は医者だと彼女に得意げに告げる田宮だったが、生野いくみこそがパナケイアの手を持つと称された天才少女であった。(Wikipedia

小児外科医の荒木夕宇子氏が監修していて、森皆ねじ子先生も取材協力に入っている。医療関係の考証がしっかりしている。

最初のページ。読み切りだったので、毎回この件から始まる。ジョンス・ホプキンスは名門

日本に帰国後はパン作りが趣味の女子高生として暮らし始めたが…

研修医との出会いをきっかけに外科医として執刀するように(米国のライセンスでも執刀できる制度的な裏付けもストーリーに織り込まれている)

患者を前にすると表情が一変する

スリガラス陰影は本学の解剖履修生も学んだ

萌え要素も押さえられている

医師なら習ってはいるはずの緊張性気胸

胸腔穿刺の原理は解剖学で既習

巻末に監修者の解説が

Print Friendly, PDF & Email