診察と手技がみえる vol. 1, 2

病気がみえる』シリーズの姉妹巻。『病気がみえる』と同様に、写真・イラストが豊富に使われていて、ビジュアルに臨床手技を理解できるようになっている。カバーされている内容と本の仕様に比べて低価格なのも同様だ。

第1巻は、共用試験の臨床実習前OSCEに対応している。

 

『診療参加型臨床実習に参加する学生に必要とされる技能と態度に関する学修(学習)・評価項目(臨床実習前OSCE)』4.1版 から

 

第1巻は臨床実習前OSCEに対応

 

写真、図表が多く使われていて、手技をビジュアルに理解できる。写真は撮り下ろし、画像はオリジナルだ。

 

写真や図表でビジュアルに手技を理解できる

 

ビジュアルに偏りすぎて説明がなく、実際にどうやればいいのか知らないとできなそうなページもある。

 

ビジュアルに偏りすぎな部分もある。バビンスキーに楊枝を使っているのはOSCE準拠。使われているハンマーは工藤式打腱器で、1万円くらい。ネットでは売ってない

 

実臨床とは距離のある部分もありそうだ。医療面接の項目で紹介されている「見本」は、「胃痛」を主訴とし、精神的ストレスが背景にありそうな患者。性別と年齢は記載されてない(アイコンからすると高齢男性らしいが、リストラが心配と言ってるので定年前か)。ストレスと胃痛と聞いて十二指腸潰瘍疑いで治療頑張りましょうって、短絡的でないだろうか。

うつの身体症状を気にかけつつ、ピロリ、採血、心電図や内視鏡や画像を考えないだろうか。リストラされそうで夜も眠れないひとが(なんか話しやすそうな先生だなあ)と呑気な感想を持つのも変な気がする。

 

医療面接

 

本書の内容をコンパクトにまとめた小冊子が付属する。OSCE当日のチェックや、臨床実習に持っていくのによさそうだ。心音のCDも付属している。ただ、最近の学生にCDを読めるパソコンを持っているのは少ないと思われる。改定時には配信に変更したらよい。

本書の出版後にBLSガイドラインが改定された。本文と合わなくなっているので、それを補足するプリントが付属している。

 

小冊子

 

BLSガイドライン改定のパンフ

 

 

第2巻は、針や管を刺したり、外科の手技をやったり、カルテへの記載。第1巻と合わせて初期研修までカバーしている。救急蘇生法については、第1巻が一次救命(BLS)まで、第2巻が二次救命(ALS)になる。

 

第2巻

 

コロナ以前の刊行なので、三角筋注射の刺入位置は肩峰の3横指下。厚労省の動画や、CDCの動画もそうなっている一方で、より安全とされる刺入位置の報告もある。また、アナフィラキシーの診断や対応について、あっさりとしか記載されていない。次の改訂では、これらも対応されることと期待する。

 

 

 

 

巻末にバイト募集がある。医学生や研修前後の医師をライターやイラストレーターとして制作し、専門家の監修を付けるのが、『病みえ』のスタイルだ。

 

 

類書には医療マンガもある。

 


Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/.sites/4/site83/web/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/.sites/4/site83/web/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637