新訂 うまい英語で医学論文を書くコツ

医学生物学分野の原著論文は英語で記述される。英語以外で書いてもほぼ科学全体に貢献するチャンスはない。

日本人にとっては、英語を書くことと、科学論文のしきたりに合わせて書くことの二重の苦労がある。そのどちらも、そう簡単ではない。そのために、医学論文を書くためのガイドブックが多数出版されている。

本書はそのような本のひとつ。1991年の初版『うまい英語で医学論文を書くコツ』では英作文に重点が置かれていたが、この改訂版では論文そのものの構造もフォーカスされた。

もくじ(抜粋)

I 学術論文のうまい書き方

1.日本語の論文をいかにうまい英語に訳しても採用されない
2.論文採用基準の日米差
3.米英国の一流出版社の立場
4.原著論文を採択されるようにうまく書くコツ
5.採択されるように症例報告を書くコツ

II うまい英語での表現法

1.文法的和文英訳をしてはならない
2.うまい英語に意訳するコツ

III comfortable English 100本ノック─添削例の総合的解析

IV さらに,comfortable English 100本ノック─原文と訂正文の対比

付録1 対談 うまい英語で地球が狭くなる─アクセプトされる英語医学論文を書くために
付録2 よくみられる語,句の使用上の誤り
付録3 略語一覧

 

帯に「あなたの論文をゴミ箱行きにしないために」とショッキングなメッセージがある。一流紙に投稿されてくる論文は年間数千本にもなり、そのほとんど全てが採択されずに終わる。その多くが査読にもたどり着かないという。

いかに編集長に考慮してもらえるか、そのための論文の組み立て方が第一章だ。

 

あなたの論文をゴミ箱行きにしないために

 

出版社・編集長の立場から考えると?

 

投稿論文がゴミ箱行きになるプロセス

 

第二章は、英語のネイティブにとって心地よい英語の書き方。筆者はこれをcomfortable English(うまい英語)と呼ぶ。最初は段落の書き方。段落については、英米のガイドブックにも強調されている。つまり、英語のネイティブだとしても最初からできるわけではない。だとしても、英米のガイドブックを呼んでも、実は今ひとつ納得のいかない気がする。

これはそもそも、英語で言うparagraphと日本語の「段落」の概念に違いがあるからだと、本書は気づかせてくれる。

 

Confortable English(うまい英語)

 

Essentials of Writing Biomedical Research Papers. Second Edition (English Edition)

Essentials of Writing Biomedical Research Papers. Second Edition (English Edition)

Zeiger, Mimi
9,205円(02/23 08:06時点)
発売日: 1999/10/21
Amazonの情報を掲載しています

『Essentials of Writing Biomedical Research Papers』から、段落の書き方

 

このような概念の違いは、個々の単語や熟語にもたくさんある。これらのうちの特に重要なものが本書では取り上げられ、「わるい例」を添削しながら解説していく。

 

「思う」の使い分け

 

医学論文でよくつかわれる動詞の言い回しについてより学ぶには、追って『ネイティブ発想の医学英語論文: プロ翻訳家が伝えたい50の基本動詞と読めるのに書けない英語表現』を読んで練習するといい。

 

 

第三章と第四章は、いろいろなわるい例を添削しながら、うまい英語を練習していく。全部で200例ある。

 

100本ノック

 

付録には、本書の筆者とDr. ロビンスとの対談がある。ロビンス先生は、医学論文の書き方のガイドブックを書かれた。

Dr.ロビンスの上手な英語医学論文の書き方

Dr.ロビンスの上手な英語医学論文の書き方

Mary Louise Robbins
Amazonの情報を掲載しています