Human Gross Anatomy

解剖学のアトラス。写真とイラストの両方が使われているのは他にない。

解剖学のアトラスには、イラストを使ったもの、写真を使ったものがあり、それぞれに一長一短がある。イラストはみてわかりやすいが、実物からは多少とも乖離する。写真は実物そのものではあるが、写らないものまでは表現できない。

本書は、写真とイラストの両方が同格に使われている。それぞれの写真には、それに対応するイラストが置かれている。さらに、写真には映り込んでいないもの、再現しにくいものは、イラストで補われている。

IMG_3324
心臓:解剖標本の写真とその模式図とが、並列に置かれる。
IMG_3326
交感神経幹の構造:写真だけでは表現しにくい構造や概念は、イラストを足して補われている。

全体の構成は局所解剖に沿っているが、それぞれの章内は、系統解剖の順に(骨格で始まり、筋、脈管、内臓などと進み、神経系で終わる)記載され、一貫している。章の初めには、箇条書きでまとめたアウトラインがある。筋の起始・停止・神経・作用は、表にまとまっている。章末には重要なポイントのまとめ「Helpful Notes」と、臨床関連事項「Clinical Notes」がある。

IMG_3323
章の初めのアウトライン
IMG_3327
Helpful NotesとClinical Notes

これらすべての制作、すなわち、標本作成、写真撮影と画像処理、イラスト制作、本文作成、ページレイアウトなどを、筆者ひとりでこなしたらしい。図の数を数えると969あった。『ネッター解剖学アトラス 原書第5版』でも531だ。まえがきによると、筆者はこの制作が楽しくて仕方なかったという。筆者はKansas City Universityの解剖学の准教授だ。

図の数
胸部 85
腹部 109
骨盤部と会陰 97
下肢 175
背部 86
上肢 151
頸部 82
頭部と脳 184

Wolters Kluwer社の教科書として新しいのは、Inklingのコンテンツのコードが付属していることだ。Inklingのアプリで全文を読める(練習問題やムービーなど、追加のコンテンツはない)。

Wolters Kluwer社はthePointで独自にコンテンツを提供しているが、一般のユーザには全文を提供してはいなかった(指定教科書として採用した教員にだけ、全文も提供している)。今後は他の本でも全文のコンテンツのコードを冊子体に付属させてほしいものだ。

IMG_3322
eBookのコード付き
スクリーンショット 2016-04-13 14.39.53
Inklingで全文を読める