人体解剖カラーアトラス, 原著第7版

写真によるアトラスで、原著の現行の第7版の日本語版。原著の初版は1977年で、同様のアトラスであるAnatomy: A Photographic Atlasより歴史は長い。その間に様々なコントリビューションがあったようだ。古い写真には、標本の状態、解剖、撮影技術に優れたものが多い。

IMG_2440
丁寧に解剖され撮影された解剖写真、体表の写真、模式図がうまく対比されている

本書の特徴は内視鏡の写真が多く使われ、解剖と対比されていいることだ。

IMG_2441
内視鏡像と解剖写真とが対比されている

ただし、内視鏡写真にラベルが不足していて、内視鏡の経験がないと何がどう写っているのか分からないのも少なくない。

IMG_2442
腹膜各部のヒダの内視鏡像をまとめた図。内視鏡像内にラベルが全くないので、何がどう写っているのか、知らないとわからない

章末に臨床症例の画像の並んでいるページがある。これだけをみても何のことかわからないが、対応するコンテンツがStudent Consult版にある。本書の原題『McMinn’s Clinical Atlas of Human Anatomy』の「Clinical」の意味はここにある。他にビデオや練習問題も多数ある。

Student Consult版に付属するコンテンツの件数
臨床症例  439
ビデオ  233
選択問題  188
短文記述問題  160

ただし、Student Consultが付いているのは原著だけで、日本語版には付属していない。日本語版の書名に「臨床」が入っていないのはそういうことだろうか。残念だ。英語でよければ、原著がオススメだ。価格も安い。

IMG_2438
症例のサムネイル
スクリーンショット 2015-07-29 13.12.48
原著に付属しているStudent Consult上のコンテンツ。これは、上の写真のページの右上のサムネイルに対応するもの

最近の写真には解剖技術を学ぶワークショップで撮影されたのがある。小型の照明1灯だけで、照明ムラ・影・反射が目立ち、被写界深度が浅すぎたり、紙面上の向きが変なのもある。解剖自体の丁寧さも、古い写真と比べて劣る。

IMG_2443
照明が画面の一部だけを照らし、そこが白飛びしている。向きも撮影者のみたまま(頭側が右下を向いている)

脳神経のページでは模式図とそれに対応する解剖写真があり、役に立ちそうだ。ただし、図のラベルに誤りがいくつかあった。

IMG_2439
脳神経の模式図
IMG_2402
左側、脳神経ⅣとⅥの名称がまちがっている(原著には番号しかなかった)
IMG_2401
右上の神経は滑車上神経ではなく、滑車下神経
まとめ:
  • 解剖写真には良いのと悪いのとがある
  • 内視鏡写真と組み合わされているのが良い。ただし説明が足らない部分がある
  • Student Consultが付属していないので、原著ならみられる臨床症例など膨大なコンテンツが抜けている