平成医療手技図譜 心療内科編

森皆ねじ子先生(医師で漫画家)の同人誌シリーズ『平成医療手技図譜』の新刊、【心療内科編】(2017年末冬コミ)をいただいた。【精神編】(2016年コミティア)の続刊になる。

『平成医療手技図譜』は、医療手技(診察、注射、挿管など)のテキスト。フォーマットは同人誌だけど、内容は専門書(*)。プロの技には言語化しにくいコツとか加減があるものだが、イラストと手書き文字とで表現され、そういう機微もわかりやすい。

『平成医療手技図譜』シリーズ(【手術編】も今回改定された)

* このシリーズの巻末には、ここから二次創作物をつくったら参考文献として引用を、との主旨の注意書きがある。内容の正当性を目処とする専門書では大切なこと。

「手技」のシリーズなので、精神科ってなんか手技あったっけ? となるが、イラストとマンガを使うと、精神科の患者さんの特徴的な「風采」とか「病歴」とかわかりやすい……という内容が2017年コミティアの無料配布資料にあった。

「医療手技図譜」なのに? これを【精神編】【心療内科編】のまえがきにしたらよかったんでは?

【精神編】で扱われていたのは、統合失調症、双極性障害、うつ病だった。【心療内科編】では、それ以外の病気、「神経症」、パーソナリティー障害、発達障害、依存症が扱われる。【精神編】と【心療内科編】とを合わせて、精神科関係でしばしば出会う疾患はおよそカバーされているのではないだろうか(他に追加するとしたら「記憶障害」か)。

【心療内科編】にでてくる疾患名が多いので、目次にしてまとめてみた(本書には目次がなかった):

  • 「神経症」……5
    • 強迫性障害……12
      • 不潔恐怖
      • 確認行為
      • 縁起恐怖
      • 保存恐怖
      • 疾病恐怖
    • 不安障害……23
    • パニック障害……24
    • 心的外傷後ストレス障害……27
    • 適応障害……28
    • 解離性障害……29
    • 摂食障害……40
    • 閑話休題1:睡眠障害……51
    • 閑話休題2:性のトラブル……55
  • パーソナリティー障害……57
    • 境界性パーソナリティー障害……59
    • 自己愛性パーソナリティー障害……67
    • 反社会性パーソナリティー障害……72
    • その他のパーソナリティー障害……74
      • 演技性パーソナリティー障害
      • 回避性パーソナリティー障害
      • 依存性パーソナリティー障害
      • 失調型パーソナリティー障害
      • シゾイド
      • 強迫性パーソナリティー障害
      • 妄想性パーソナリティー障害
  • 発達障害……85
    • 知的障害……86
    • 自閉症(カナー型)……88
    • アスペルガー症候群……103
    • 注意欠陥多動性障害……111
    • 学習障害……115
    • 大人の発達障害……122
  • 依存症……125
    • アルコール依存症……127
    • 薬物中毒……136
      • 急性薬物中毒
      • 薬物依存症

本書は労作だ。カバーする疾患の種類が多いのに加えて、それを疾患として表現する作業が嵩んだかと思われる。というのも、本書で扱われる疾患はいずれも、正常から異常まで「地続き」なうちの「異常側」の状態だから。

たとえば「神経症」の症状は、正常な人からみてもある程度共感できる。つまり、正常と異常との境界がボンヤリしている。はた目には、ちょっと変わってんな、で見過ごされるかもしれない。そこで、「そろそろ異常」になったキャラクターには、頭にアンテナを生やしてある。「異常」の記号的表現だ。マンガでは、感情や気分をあらわすのに特有の記号(汗😅、額の影😨、眼がハート😍など)が使われるけど、アンテナはねじ子先生の発明だ。

さらに患者を傍観するウサギなどのキャラクターがいて、「ん?」と疑問を持たせたりして境界付近を示している。

「精神病」と「神経症」との違いは、了解可能かどうか

正常な範囲の状態から異常に至るまでのようす。マンガにするとわかりやすい。

患者が病院にやってきたら、キメはICD-10DSM-5だ。

そして治療になる。これも一筋縄ではいかないし、「認知行動療法」とか、名前を聞いただけでは何のことかわからないのが多い。このあたりは、さすがに文字情報が多くなるが、適宜イラストが使われていて、具体的な様子がわかる。

患者がやってきて診療となれば、まず診断基準

そして治療

認知行動療法をイラスト入りで

それぞれの疾患にまつわる典型的なイベントや表情も、イラストやマンガでわかりやすい。

境界型パーソナリティ障害のよくある例:両極端をいったりきたり

自閉症児の特徴を、説明文とICDの基準に合わせてイラストで

スペクトラムの概念の発明に至る段取り

アルコール依存症に至るまでのようす

『平成医療手技図譜』シリーズの一部や、雑誌『ナース専科』の連載の一部は、商用化されて書店でも買える。書き下ろしもある。

Print Friendly, PDF & Email