遺伝子重複による進化

進化の過程でしばしば遺伝子の重複が起き、それが生物の進化を加速させた。100年以上まえからの仮説だったが、多くの種の全ゲノム配列がわかった今日、過去の遺伝子重複の痕跡をゲノム上に多く見いだすことができる。ゲノム研究(一例)の基盤をなす理論だ。

この仮説を理論として広く知らしめたのは、大野 (すすむ)氏の1970年の英文の著書『Evolution by Gene Duplication』だ。その後和訳されたのが、『遺伝子重複による進化』(1977年)である。

原著、邦訳とも久しく絶版になっていたが、2015年になっていずれも再刊された。もとの紙面をスキャンして版下にしている。岩波書店は、絶版になった名著をオンデマンド方式で再刊している。受注生産なので注文から入手までに数週間要するが、Amazonに在庫がある。

 

IMG_2938

写真は邦訳初版第1刷(古書店を2回経た古書)で、箱付ソフトカバー(再刊は箱なしのソフトカバー)

 

巻頭の「緒言」には著者の自信が溢れている

 

全ゲノム重複

 

改変履歴

  • 2021年2月17日 一部の写真を差し替え
  • 2016年1月4日 最初の登校