組織学の教科書を検討する

組織標本を読めるようになるのが組織学の学習とすると、選択の要点は次のようになるだろうか:

  • 高品位な光学顕微鏡写真が多数あること
  • 文章や写真だけではわかりにくい局面で適宜模式図があること
  • 形態を意義付ける機能面、分子面の記述がしっかりしていること
  • 新しい知見がフォローされていること(免疫系が目安になる)

図譜が一緒になり、細胞生物学や分子生物学まで含む教科書が主流だ。日本語版の改定が遅れがち。

原著第5版(2006)の邦訳。

Inkling版あり。

2002刊行の原著第1版の邦訳。

第4版。

2009刊行の原著第12版の邦訳。

2013の第13版。Inkling版あり。

2006刊の原著第5版の邦訳。

2013の第6版。Student Consultあり。Inkling版あり。

2001刊の第2版の邦訳? 写真が少ない。

2006刊行の第3版。このタイトルは打ち切りだろうか? 同一著者で似たようなタイトルのColor Atlas and Text of Histologyのほうが改定が進んでいる。

20年間改定されずいたが、新しい著者によって改定されて第2版に。

上の2点は旧さが目立つ。

模式図だけ。

 

Print Friendly, PDF & Email