プロメテウス解剖学アトラス 頭頸部/神経解剖 第3版

『プロメテウス解剖学アトラス』の第3巻「頭頸部/神経解剖」の日本語版が改訂され第3版になった。日本語版とドイツ版原著で版番号がずれていて、日本語第3版は原著第4版の翻訳である。原著は昨年第5版になった。ややこしいので日本語版の版番号は「原著第4版」という表記にして、原著と合わせてほしいところだ。

日本語版のうち、第3版への改訂が残っているのは第2巻「胸部/腹部・骨盤部」だけになった。それでも日本語版の改訂は英語版より早い。

「プロメテウス」シリーズの他巻同様、「頭頸部/神経解剖」もメディカルイラストレーターのWesker氏とVoll氏による精緻な解剖図が特徴だ。3巻合わせたボリュームは『プロメテウス解剖学エッセンシャルテキスト』の3倍、『プロメテウス解剖学 コア アトラス 第3版』の2倍弱になり、日本語で読める現役の解剖学書としては最大だ。『Gray’s Anatomy: The Anatomical Basis of Clinical Practice, 41e』がちょうど匹敵するボリュームになる。アトラスとして図が豊富であるのに加えて、解説文や表が多く教科書のように読んで学べる。

解剖学書の紙面の総面積の比較

ページ数は第2版からほとんど変化ないが、前版以来のフィードバックが多く反映されているようだ。頭蓋の個々の骨の図、開口した口腔の図などが新規に作成されている。

本書は「頭頸部の肉眼解剖」、「神経解剖」、「中枢神経系:用語集・要約」の3部構成になっている。

序文の版番号が原著のママになっている。

頭頸部

『プロメテウス』の図は、緻密に作図が計画されていて、コンピュータ上で複数のレイヤーを組み合わせて1つの図が制作される。同じ骨のレイヤーに筋、脈管、神経、臓器などをいろいろに重ねあわせ、ときに彩色でハイライトが付けられている。これが書籍全体の論理性に貢献している。同じレイヤーから多数の図が効率的に制作されるので、他のアトラスではみかけないような図も少なくない。

頭蓋骨の正面図(左)と、それに重なるハイライト(右)
頭蓋骨のレイヤーに表情筋が重なっている
頭頸部の骨格に第1肋骨が組み合わされているらしい(サインが2か所あるままになっている)
新作の口腔の図。4つの図に同じレイヤーが流用されている
頭蓋底を下からみた図。軟部組織、特に破裂孔を覆う線維性組織や耳管との位置関係がわかる図は希有
海綿静脈洞付近の位置関係を示す図。外転神経や滑車神経の障害が位置関係から理解できる
下顎骨と歯。細密に描かれた海綿骨に着目されたい

随所に臨床医学を解剖学から根拠づける事項が記載される。

外眼筋麻痺
気管内挿管

医用画像はほとんど取り上げられないが、詳細な断面図がたくさんある。組織学や発生学も少しある。組織学の図は写真ではなくイラスト。そもそも本書にはほとんど写真が使われていない。

緻密な断面図
甲状腺の組織
歯の発生学

神経解剖

神経解剖の部分はより教科書的で、細密画だけでなく、説明文、表、模式図も多い。画像解剖学はほとんどないが、細密画による断面図があり医用画像からの参照に有用だ。

ここでも臨床との関連が解剖図で示される。

脳の外観図
脳脊髄液の流路の模式図
運動系の説明と模式図
細密な横断図
企図振戦
内側縦束の損傷

中枢神経系:用語集・要約

神経解剖学の主な用語、経路のまとめが最後にある。経路のまとめの図はいずれも詳細で、「まとめ」ながら目もくらむようだ。

用語集
経路
伝導路
Print Friendly, PDF & Email