全学Gmailを設定する

大学のメールやカレンダーはGoogleのサービスを使っている。

まず、総合情報メディアセンターの「全学Gmail」のページにある「全学Gmailメールソフト設定方法」を参照し、LDAPの設定とGmailでのIMAPの設定を済ます。

iOS機(iPad、iPhone、iPod touch; iOS7以降)

  1. 「設定」アプリを開き、メール/連絡先/カレンダー > アカウントを追加 > Google と進む。
  2. 「名前」に自分の氏名を、「メール」に全学Gmailのアドレス(m**201***@gunma-u.ac.jp)を、パスワードに全学Gmailのパスワードをいれる。「説明」には「全学Gmail」など、あとで判別できるような情報をいれる。
  3. 「次へ」をタップして進み、全学Gmailと同期したいサービス(メール、連絡先、カレンダー、メモ)をオン。

なお、全学GmailはMicrosoft Exchange機能で同期することもできる。この場合、メールがリアルタイムで届く(上の場合は一定時間置き)が、バッテリーはより多く消費する。

  1. 「設定」アプリを開き、メール/連絡先/カレンダー > アカウントを追加 > Exchange と進む。
  2. 「メール」に全学Gmailのアドレス(m**201***@gunma-u.ac.jp)を、パスワードに全学Gmailのパスワードをいれる。「説明」には「全学Gmail(Exchange)」など、あとで判別できるような情報をいれる。
  3. 「次へ」をタップして進む。「サーバ」には「m.google.com」、「ユーザ名」には全学Gmailのアドレス(m**201***@gunma-u.ac.jp)が入る。「ドメイン」は空欄。
  4. 「次へ」をタップして進み、全学Gmailと同期したいサービス(メール、連絡先、カレンダー、メモ)をオン。

Mac(OS X 10.9以降)

  1. 「システム環境設定」を開き、「インターネットアカウント」で「+」をクリックし、「Google」をクリック。
  2. 「名前」に自分の氏名を、「メール」に全学Gmailのアドレス(m**201***@gunma-u.ac.jp)を、パスワードに全学Gmailのパスワードをいれ、「設定」をクリック
  3. 全学Gmailと同期したいサービス(メール、連絡先、カレンダー、メモ)をオン。

PC

GmailのIMAP機能を使う。詳細は、総合情報メディアセンターの「全学Gmail」のページにある「全学Gmailメールソフト設定方法」を参照(PDF)

Android

ここを参照。

ガラケー

ガラケーはGmailを使えないので、Gmailに届いたメールがガラケーに転送されるように設定する。設定はガラケー側ではなく、Gmail側で:

  1. パソコンで全学Gmailにログイン
  2. 右上の「ギア」のアイコンをクリックし、「設定」を選択
  3. 「メール転送と POP/IMAP」を選択
  4. 「転送」の欄にある「転送先アドレスを追加」をクリック
  5. ガラケーのメールアドレスを追加

ガラケーのメールアドレスを変更したら、Gmailにログインして転送先も変更すること。

Print Friendly, PDF & Email