CT課題のヒント

死亡時画像検査結果を考察するときに留意すること

死亡時画像検査結果報告書を書いたのは医師であって、病変の診断を主な業務としている。したがって、この報告書には正常とはことなる所見がまず記載される傾向がある。

しかし、この課題に疾患や死因を追求させようとの意図はない。CTでみえることを解剖でもみて、画像を立体的にみる力を養おうとするものである。病変がなくても、正常なものを実直に丁寧に調べられれば、それでよい

  • 老化一般による変化や死後変化は、医学的、解剖学的に、課題で取り上げるほど重要ではないかもしれない。
  • CT撮影後の変化もあるから、CT画像と解剖体の様子には食い違いが生じている。例えば肺には固定液が浸潤しており、CTの浸潤影のようには見えないはず。
  • 肺水腫と肺炎の違いなど、肉眼所見だけでは判定できないことは多い。誤嚥性肺炎なら、気管支内異物など随伴する所見に着目して判定できることはある。
  • 気胸などの気体の貯留はCTではっきりわかるが、解剖で切り開いてしまったらわからなくなる。

図の様式

科学論文の付図の形式で、組み図をつくる。図書館で英文誌の論文をいくつかみて、参考にされたい。

  • 複数の図を組み合わせて矩形にレイアウトし、その下にキャプションを置く。
  • それぞれの図にABC…、123…のような連番を振って区別する。
  • 図の中の着目点に、矢印、矢尻、アスタリスクなどの記号を付ける。
  • キャプションは、タイトルと簡単な説明からなる。説明では、それぞれの図が何か、図の中の記号が何かを示す。

サンプル

  • PANDORAに過去のCT課題の高評価のサンプルがある。過去の課題は論文形式になっているが、図の部分は参考になるだろう。

アイキャッチ画像の出典:The PHD Movie “That’s the whole point…”