解剖実習書は指定

本書は、多くの国で使われているスタンダードだ。学習目標や解剖の手順の説明が簡潔明解で、付図も的確だ。実習自体も滞りなく進みやすい。説明文の随所に代表的なアトラスの参照ページがあって予習に便利だったのだが、日本語版では参照先の改定によって合わなくなっている。

群馬大医学図書館の蔵書

脳実習にだけ本書が使われている(*)。それだけのために買うのははばかられるだろうから、実習室の備え付けを解剖班の数だけ用意した

群馬大医学図書館の蔵書

(*) 本書は、日本で長く使われているが、現代のスタンダードからすると読みにくく、旧い内容もある。そこで本学では2013年度に実習書を『グラント解剖学実習』に変更した。ただしこれには脳が含まれていない。

アイキャッチ画像の出典:Wikipedia