教科書の正誤表

教科書に誤りがないのに越したことはないが、もし誤りに気付いたら出版社に報告してみよう。担当者、著者、訳者が確認し、正誤表として公表されたり、次の刷で訂正されたりする。

せっかく買った教科書に正誤表がついてくるとガッカリするかもしれないが、出版社の対応がしっかりしているとか、熱心な読者が多い、ということの現れともいえる。

『イラスト解剖学』には、手書きの部分に誤字がある。

顎:完全に変
膚:日ではなく、月
線、泉:ニスイではない
胸:L にしない。正確に
歯:口ではない。横棒を長くすること。スキマが必要
嚢、囊:横棒、一本足りない
確:完全に変。横棒ではなく点
坐:長くすること
牽:変です。玄でも牟でもいいが、文ではない

160
顎が誤字(p. 160, 163, 166, 170-2, 175, 178, 185, 186, ほか)
K213
胸のなかの凶があやしい(p. 212, 213, ほか)

アイキャッチ画像の出典:Wikipedia