電子教科書

iPad Proなど高解像度のディスプレイとペンタブレットを備えた端末により電子教科書が実用的になってきている。また、冊子体に電子版へのアクセス権が付属している教科書が増えている。医学の教科書には厚くて思いものが多いけれども、電子化で何冊でも軽いまま持ち歩ける。教科書選択で考慮しておこう。

Elsevier eLibrary

エルゼビア社の日本語の電子書籍。『グレイ解剖学』、『グレイ解剖学アトラス』、『ネッター解剖学アトラス セット版』など、最近の教科書に付属している。データはデジタル著作権管理(DRM)付きPDFで、冊子体と同じに表示される。図が高画質。見開き表示可能。パソコンではブラウザで、iOSではアプリで(オフライン可)みる。

eLibraryの電子書籍が付属しているのは冊子体だけ。同じ本でもKindleなど他のバージョンには付属しない

Student ConsultとInkling

『グレイ解剖学』など、エルゼビア社の冊子体の教科書の多くに Student Consult のアクセスコードがついている。このコードを使うと、iPhone、iPad、Android、Web で全文や追加教材にアクセスできるようになる冊子体を買えば冊子体と電子教科書の両方が得られる。ただし「英語」

Student Consult は Inkling から提供される。日本語版の教科書の場合、読めるのは対応する原著になる。iPhone、iPad、Androidで読むときは、Inkling のアプリを使う。電子版は冊子体のままではなく、電子教科書として再構成されている。マーカーを使ったり、メモをいれたりできる。

Inkling 自体は他の出版社の教科書も扱っている。

医書.jp

2014年に国内の医学系専門書出版社 5 者(医学書院、医学中央雑誌刊行会、学研メディカル秀潤社、南江堂、南山堂)の設立した医書ジェーピー株式会社の提供するプラットフォーム。コンテンツが急速に増加しているが、臨床医学の本が多く、解剖学など基礎医学の教科書はまだ少ない。

iOSやAndroidのアプリで読む。立ち読み機能もあるので、買う前にチェック。

Kindle

Amazonの運営する電子書籍。Kindle端末のほか、Mac/PCはブラウザで、iOS/Androidはアプリで利用する。

買う前に無料サンプルをチェック

Kindle版の医学書を買うなら、まず無料サンプルをダウンロードして、使いやすいかチェックしよう。

Kindleは、小説など一続きの文章を主体とする書籍を電子化することを主な用途として規格化された。冊子の誌面のまま再現するのではなく、文章を画面に合わせて流し込む、リフロー型だ。

Inklingもリフロー型のフォーマットだが、それに合わせて内容が再構成されている。一方のKindleはそのような作り込みがなく、単純に文字が画面に流し込まれるので、医学書のような書籍では読みづらいレイアウトになることも少なくない。

図の多い教科書にも適するよう拡張されたeTextbook形式も使われるようになった。eTextbookでは、紙面そのままのレイアウトで表示される。

M2PLUS

医学書専門の電子書籍のプラットフォーム。コンテンツが多い。冊子体の紙面のままの電子書籍と、リフロー型のとがある。後者には使いにくいのもあるので、立ち読み機能で内容確認したい(要FLASHなのが困るが)。

M2PLUSは、株式会社ジェイマックシステムの事業だったが、2017年にエムスリー株式会社に譲渡。エムスリーはインターネットを利用した医療関連サービスを提供する会社で、M&Aで事業を拡大しているようだ。国試ビデオ教材のTECOMも2016年からエムスリーのグループ会社

Print Friendly, PDF & Email