ジェントス 懐中電灯 フルークス LU-190

医師に評価の高いペンライト。

医療用のペンライトの特徴は、演色性(色が正しくみえる)が高いこと。普通の店で買えるLEDのペンライトには光が強すぎたり青白いものが多く、診察に向かない。

医療用ペンライトには、1,000円くらいの電球色LEDのと、7,000円くらいの電球のWelch Allyn ハロゲンペンライト 76600との、2種類しかない。いずれも壊れやすいとの評が少なくない。

ジェントスは日本の会社。フルークス LU-190は、中くらいの価格で、白色LEDの高演色性をうたうペンライト。日本の会社らしい品質で(製造は中国)、医師からの評価が高い。前機種のLU-185のほうが好まれていたが、現在はプレミア付き。LU-190の欠点は光の縁に色付きが出ることだが、レンズに3M スコッチ メンディングテープ(貼ると見えなくなるセロハンテープ)を貼ると改善される。

スイッチはプッシュスイッチで、少し押すと点灯し、押し込むと点灯がロックされる。押す強さは固めだが、いつの間にか押されていて電池が切れていたという心配がない。

製品内容:アルミ製の本体、パナソニックの電池、取扱説明書
凸レンズの奥に白色チップLED(黄色いのは色調調整のフィルター)とリフレクターがある
クリップはスプリング
スイッチの仕込まれたふたにはOリングがあり、防滴仕様になっている(水中は不可)
配光:円形に光が広がる。境界がはっきりしているので対光反射にいいが、色調の観察には色付きが気になる(中央の黒い印はピント合わせのため)
レンズにメンディングテープを貼ると、境界は少しぼけるが、色付きは消える