試験の仕組み

新型コロナウイルス対策

複数の会場で実施します。

試験中のICT機器の取扱い

解剖学の試験中、

  • パソコン/ガラケー/スマホ/タブレット/スマートウォッチ/スマートグラスなど情報通信機器は、必ず電源をオフ
  • イヤホン/ヘッドセット/骨伝導レシーバー等は身体から外す
  • 時計はアラームをオフ
  • これらすべてカバンにしまう

これらを身につけたり触れたりすると不正行為とみなされる。服のポケット、袖の中、机の下の棚など、すぐに操作できる場所にしまってあるのも不正。何かに話しかけたり、叩いたりする仕草も不正。

時計は試験室のスクリーンないしディスプレイに表示される。

必要なもの

HB(指定)の鉛筆(シャープペンシルも可)と消しゴム。実習の支度(白衣、手袋、上履き)は不要

机上に置いてよいのは、筆記用具、ティッシュペーパー、目薬。筆入れ、時計はしまう。他に特に必要があれば、監督者に相談する。

試験開始前から終了まで

  1. 集合時刻までに、指定された会場の決められた席(スクリーンに表示)に着席
  2. ICT機器の処置(上記)をし、机に筆記用具を用意する
  3. 試験用紙が配布されたら、注意書きを読む。
  4. 試験開始の合図があったら、試験用紙の冊数、ページ数を確認し、答案用紙に必要事項を記入・マークする
  5. 試験終了の合図があったら、すぐに鉛筆を置き、後の指示に従う

再試験・追試験

本試験の成績が60%に満たなかった者は、再試験の対象になります。再試験の日程・時間は学務係から告知されます(機能形態学からではありません)。再試験の成績が60%以上であれば、最終成績は60%になります。

再試験の出題は本試験に準じます。ただし、試験時間は本試験全体より短く、課題(スケッチなど)に相当する出題はありません。

新型コロナウイルス感染症などで本試験を受験できなかった場合は、追試験を受けます。出題は本試験に準じます。

アイキャッチ画像:Flickr