試験の仕組み

🦠 新型コロナウイルス対策のための変更

肉眼解剖学の試験は2種類あります。

  • 筆記試験
  • 実地試験 画像試験🦠

クラスを半分に分け、同日入れ替えで実施します。  複数の会場で実施します🦠

試験中のICT機器の取扱い

解剖学の試験中、

  • パソコン/ガラケー/スマホ/タブレット/スマートウォッチ/スマートグラスなど情報通信機器は、必ず電源をオフ
  • イヤホン/ヘッドセット/骨伝導レシーバー等は身体から外す
  • 時計はアラームをオフ
  • これらすべてカバンにしまう

これらを身につけたり触れたりすると不正行為とみなされる。服のポケット、袖の中、机の下の棚など、すぐに操作できる場所にしまってあるのも不正。何かに話しかけたり、叩いたりする仕草も不正。

時計は試験室のスクリーンないしディスプレイに表示される。

必要なもの

HB(指定)の鉛筆(シャープペンシルも可)と消しゴム。実習の支度(白衣、手袋、上履き)は不要

試験開始まで

  1. 集合時刻までに、基礎医学大講堂指定された会場の決められた席(スクリーンに表示)に着席🦠
  2. 学籍番号の偶奇でクラスを2つに分け、順序を決める🦠
    1. 先に筆記試験を受ける方は、とどまる🦠
    2. 先に実地試験を受ける方は、筆記用具を持って実習室に移動🦠
  • 遅刻者は待ちません。実地試験を遅刻すると取り返せません🦠
  • 移動のとき、筆記用具以外は大講堂に残します。ハンカチ、ティッシュペーパー、目薬は持っていてもいいです🦠
  • 答案用紙の回収から入れ替えの移動の間、静かに。不要不急の発語は不正とみなされます🦠

試験中🦠

実地試験(前半)

クラスの半数の数の「ブース」を一巡して問いに答えます。問いのブースが実習台とほぼ同数あり、休憩のブースもあります

  1. 実習室出入り口で答案用紙が配布される。答案用紙には通し番号が印刷されている
  2. それと同じ番号のブースに着席する。ブースは2種類
    • 問いのあるブース
    • 休憩のブース
  3. 問いのブースなら、答案用紙の同じ番号に印をつける。休憩のブースなら、順路上の次のブースの番号をみて、そこに印をつける。印のところから答えを記入することになる
  4. 学籍番号と氏名を記入
  5. 始めの合図があったら、問いのブースでは覆いを外して解答、休憩なら待機
  6. 指定秒数後、合図があったら次のブースに進む。覆いは戻さない
  7. くりかえし
  8. 全てのブースを一周したら、見直しの時間が指定秒数ある
  9. 終わったら、案内に従って、大講堂に移動
  • 消しゴムを置きわすれがちなので、予備を用意しましょう
  • 答案の書き出しの位置は各自異なります。ずれて記入された答案は救済しません

筆記試験(前半)

筆記試験は通常の試験と同様。終了後は、担当者に従って実習室に移動。

実地試験(後半)・筆記試験(後半)

終了のときが少し異なる。詳細は現地で

再試験

本試験の成績が60%に満たなかった者は、再試験の対象になります。再試験の日程・時間は学務係から告知されます(機能形態学からではありません)。再試験の成績が60%以上であれば、最終成績は60%になります。

再試験の出題は本試験に準じます。ただし、試験時間は本試験の時間の合計より短く、課題(スケッチなど)に相当する出題はありません。

アイキャッチ画像:Flickr