パイオニアマスク Fタイプ 医療用クラス3

MRIには禁忌吸着事故や、発熱による火傷のおそれがある。ワイヤーに鉄が使われ、表層の抗菌コーティングにも金属が入っているため。FDAのMRI でのマスク使用についての安全性情報

医療用マスクのJIS規格でクラス3に適合したマスク。日本製。

製造した株式会社パイオニア・システムは、ホテルメンテナンスをおもな業務としている大阪の会社(音響機器のパイオニア株式会社とは違う)。

パイオニアマスクには、カップ型のNタイプと、韓国のKF94に似たFタイプがある。

Fタイプには一般用5枚入りと医療用30枚入りのがあるが、それぞれ検定を受けているというだけで、製品自体は同じらしい。FタイプにはMとLの2つのサイズがあり、Mサイズには白色のほかにグレーとピンクのもある。

医療用は箱入りで、中に個包装のマスクが30枚入っている。

装着した感じは、KF94のタイプと同じ。プリーツのタイプのマスクに比較して、口元に空間があるので呼吸のデッドスペースが増すが、吸排気の抵抗は少ない。

 

外箱

 

医療用は30枚入り

 

個包装

 

個包装の裏側に規格の詳細が記されている

 

マスク自体は、メルトブローン不織布を2層含む5層。表には金属イオンを含む素材で抗菌コーティングされている。裏面は肌あたりのよい不織布。ストラップは5ミリ幅のつるつるした感触の平たいひも。

ノーズワイヤーには鉄線が2本入っていて、可塑性がよく、鼻まわりにフィットさせやすい。N95マスクにあるようなスポンジのパッドはない。

 

顔側

 

外側

 

ストラップ

 

表と裏の素材の違い

 

ノーズワイヤーには鉄線が2本入っている

 

医療マスクのJIS規格は2021年に初めて設けられたもので、この認証を受けた製品はまだ少ない。クラス1〜2が一般的な診察室や病室で使われるマスク、クラス3は手術室などで使われるマスクが想定されている。

医療用マスクの品質基準(JIS T9001:2021)
項目 クラス1 クラス2 クラス3
微小粒子捕集効率(%) ≧95 ≧98 ≧98
バクテリア飛まつ捕集効率(%) ≧95 ≧98 ≧98
ウイルス飛まつ捕集効率(%) ≧95 ≧98 ≧98
圧力損失(Pa/㎝2) <60 <60 <60
人口血液バリア性(kPa) 10.6 16.0 21.3
可燃性 区分1 区分1 区分1
遊離ホルムアルデヒド(µg/g) ≦75 ≦75 ≦75
特定アゾ色素 ≦30 ≦30 ≦30
蛍光 著しい蛍光を認めず 著しい蛍光を認めず 著しい蛍光を認めず

これとは別に、感染制御向けのマスクの規格として、米国NIOSH規格のN95、日本のJIS T 9002がある。N95を感染制御に使う場合、マスクが効果的に装着されているかどうかの試験、フィットテストとユーザーシールチェックをユーザーごとに受けることが求められる。