プロメテウス解剖学エッセンシャルテキスト

ドイツのThieme社の解剖学の教科書の日本語版。『プロメテウス解剖学 コア アトラス』と同じ画像が使われていることが特徴。画像数が多いので、アトラスを別途用意しなくても読み進められる。筆者は米国の解剖学者で、『プロメテウス解剖学 コア アトラス』にも参画している。

2015年の原著の初版が好評かつフィードバックが多かったらしく、2017年に第2版になった。主な変更点は、初版に目立っていた誤りの修正と、初版では無視されていた画像解剖学の取り込みだ。

初版の日本語版は『Essential解剖学』として南江堂からでていたが、第2版は医学書院になり、ブランディングも同社で好評の「プロメテウス」を冠することになった。

序文。初版の修正と画像解剖学の追加

全体の構成は、簡単な総論とそれに続く局所解剖からなっていて、『グレイ解剖学』、『臨床のための解剖学』と同様だ。

目次:簡単な総論と、つづく各論

総論で取り上げられるのは、方向用語などの概説と、運動器・循環器・神経系など全身にわたるような器官系。その他の系統は各論で語られる。今回の改訂では、画像解剖学の概説が加わっている。

総論
新しく加わった画像解剖学。原著の端的すぎる解説には監訳者の補足がある

各論から胸部をみてみよう。一見してわかるのは、図の精緻なことだ。文章は全体が箇条書きになっていて、情報密度が高い。適宜、医療画像が使われているのは、第2版で加わったポイント。臨床との関連事項は「臨床医学の視点」という囲み記事になっている。

精緻な図版と箇条書きの本文
乳房の解剖の部分では、マンモグラフィーが使われている
臨床医学の視点

構造の理解や臨床医学との関連で重要なところでは、発生学も解説されている。『グレイ解剖学』ではおおむね省かれているポイントだ。

循環系の発生学と発生異常

章の最後には画像解剖学と章末問題がある。

胸部の画像解剖学
章末問題

比較のために、『グレイ解剖学』と並べてみよう。判型はほぼ同じだが、厚さはほぼ2/3。紙面の面積では63%だ。

紙面を見ると、レイアウトは『グレイ解剖学』のほうが余白が多く、ずも大きく、ゆったりとしていることが多い。フォントサイズや行間は同じ、一行の文字数も27文字(全角)で同じ。『プロメテウス解剖学エッセンシャルテキスト』は全体が箇条書きになっていて、表にまとまっている部分が多い。そのため情報密度は高いようだ。

『グレイ解剖学』と比べて見劣りするのは、電子版がないこと。附属していないだけでなく、Kindleや医書.jpにもない。『グレイ解剖学』に比べればコンパクトとはいえ、大きく重いことにはかわりない。電子版も使えたらいいのだが。

右が『グレイ解剖学 原著第3版』
解剖学のテキストの紙面の総面積を比較
下が『グレイ解剖学 原著第3版』

試しに初版で不足に思われた関連痛についてみてみると、第2版でも不十分だった。そもそも索引に項目が見当たらない。新しい教科書なので、フィードバックを得てこれからよくなっていくのだろう。

Print Friendly, PDF & Email