ねじ子とパン太郎のモニター心電図

心電計の自動診断の方が自分より上手(泣)と思ったら、読んでみよう。

病院には「生体情報モニタ」という医療機器がある。心電図、バイタルサイン、血中酸素飽和度などを常時計測するもので、患者の状態が不安定だったり、手術中だったりのときに使われる。テレビドラマで登場人物が危篤!というときにもでてくる。

患者の状態が急変するとアラーム音で医師や看護師を呼ぶ。これはいかん!となって、画面に表示された心電図をみるわけだ。

本書のタイトルにはモニター心電図とあるけれど、12誘導心電図の話も出てきて、心電図全般がわかるようになっている。4部構成になっている:

  1. 心電図のキホン(ピンク
  2. いろいろな病気・病態のモニター心電図(Ⅱ誘導)の波形を見開きで解説(水色
  3. 心電図の勉強(
  4. 病気順と波形順の2通りにならべた目次(
    はまえがき、あとがき)
IMG_3136
4部構成

医学生なら、第1部と第3部を順に読む。病気や波形の話が授業ででてきたら相当するページを第2部から探す。

IMG_3140
第1部は心電図のキホンをさらりと
IMG_3142
第2部はいろいろな病気の波形
IMG_3143
第3部は心電図の勉強

説明はわかりやすいけれども、ちゃんと専門的で、さらに現実的だ。心電図の見方など、「こだまでしょうか、いいえ、だれでも」という気持ちだ。

IMG_3141
「まずは自動診断の結果をみる(笑)」

ヒント:心電図に限らず勉強全体に悩んでいたら、あとがきを読もう。

文庫版なので、ポリクリで心臓内科を回るときにケーシーに入れておける。装丁が丁寧だ。カバーはコート紙で、ぬれても傷みにくい。傷んで外しても、同じ表紙がでてくる。

IMG_3134

本の後ろ側には、カバーにも表紙にも、名前を書くところがある。ちゃんと書いておこう。医局とか、ナースセンターとか、小物はよく無くなるんだ。

IMG_3135

筆者の大上氏はサイエンスライターだけど医師でもあり、ねじ子氏は画師だけど医師でもあり、研修医や看護師向けの著作がある。

もし、心臓の電気生理や心電図の波形がああなる仕組みをよく知りたいなら『ガイトン』、心臓の病気を知りたいなら『病みえ』で。