Week12 Day1 咽頭、鼻腔、口部

脱関節の後 椎前の隙を広げ、椎前の筋と、咽頭収縮筋を観察する。

大口蓋孔など 骨標本を参考にする。

骨格筋 口腔や咽頭の粘膜の下層で、観察する。

舌咽神経 茎状突起と周辺構造を保っていれば、背側から観察。咽頭への枝は難しかったです。

明日 耳ではプリントを使用。掃除きっちり、自身のために。

今日明日の調整 16:30~「口部」を明日にしてもよい

木曜、金曜 詳細はカレンダーへ。1F、3F実習室の利用案内しています。

8:40 開始、15:00 のこり16。16:00 5。

Print Friendly, PDF & Email