ねじ子とあんしんマッチング/まとめてみた マッチング対策

マッチング対策の本、2冊。人生が決まる大切なことで、いろいろ意見がありそうだから、セカンドオピニオンのために複数あたった方がよさそうだ。

ねじ子とあんしんマッチング

医師国家試験予備校メックの出している本。メックには国試対策のビデオ講座でお世話になっている医学生も多いだろう。

本書の特徴のひとつは共著であること。イラスト、一部の文章、監修はねじ子先生。他にメックの人、マナー講座の人、身元不明の斜め方向の人が書いている。もう一つは、メックがバックにあるだけに、裏付けデータが豊富なこと。発行年が少し古いのでその後のアップデートは読者が補う必要がある。Amazonには卸していないらしい。新品はメックのショッピングページから。

共著者(と思われる人たち)

著者らの他に、医学生の4パターンを代表させた登場人物(と動物)がいる。読者が自分自身を当てはめて、どうすればよいのか考えるのを助けている。

4人の医学生の登場人物(と動物)が、いろいろな医学生を代表している

イラストが多く使われていて、ビジュアルに要点を掴みやすくなっている。

病院見学はリクルートスタイルで。このあとさらに実習付きの見学用のスタイルもある
病院見学のチェックポイント。人の表情などは、文章よりイラストの方がわかりやすい(本学附属病院の女医さん達はおおむね元気そう)

メックのもっている豊富なデータが利用されている。エビデンスであったり、多様な意見だったりするので、読者なりの判断材料になる。

いろいろな意見が載っている

マッチングに取り組むには、まずその仕組みをよく理解することが重要だ。本書にはそのアルゴリズム(計算手順のこと)がコマ割りマンガで説明される。さらに、その仕組みから自ずと導き出されるポイントが、ビジュアルに説明される。

正式な説明は医師研修マッチング協議会のサイトでもアニメーションでみられる。けれども、それをみただけでは、さて自分はどうするのが正解?となる人が多いのではないだろうか。

マッチングのアルゴリズム。4人の登場人物と動物が活躍して、どういう行動が正解かわかりやすくなっている
マッチングのキモ

巻末にはいろいろな場面で役立つチェックシートがある。医師になる前後から、書類が重要になってくる。それらもまとめられている。

重要書類のいろいろ。コピーやスキャンしてキープしておこう

マッチング対策 (シリーズ まとめてみた)

本書は国試対策の「まとめてみた」シリーズの一冊。このシリーズの筆者は一人で、医師。本書も、筆者自身の体験をもとに書かれている。共著とちがって論説の筋が一貫しているので、その点では読みやすい。昨年刊行なので、新しい情報が反映されているはず。巻末の付録に国試対策のアドバイスもある。

ただしマッチング成功者で、国試対策書を書けるくらい医学を身につけた人の、N=1の意見ではある。ちょっと出遅れてしまった、という読者は読んでも困るかもしれない。

病院見学のスタイルはやはり、リクルートで。デイパックやスニーカーはやってしまいがち

各所に要点が筆者自身の処世訓のような形でまとまっている。アルゴリズムの説明は省略されている。

具体的で細かなアドバイスがたくさんある。バイトをしたことがなかったり、したとしても家庭教師や塾講師でチヤホヤされてた医学生には、世間の常識に疎い「お子ちゃま」も少なくない。役に立つはずだ。

各所に、筆者自身の格言がある
病院選択のポイント。行きたい病院を3つは見つけることが大切
具体的なアドバイスがたくさんある